CBR1000Fの概要|No:013||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) CBR1000F

historyfileNo:013

輸出モデルを国内モデルとし、リッタークラスを身近なものとしたのが「CBR1000F(SC31)」

今となっては当たり前のようにリッターモデルがラインナップしているが、オーバーナナハンが解禁されたのは1990年。アメリカで生産されたホンダのゴールドウィングはこれ以前から発売されていたが、ヤマハがVMAX1200、スズキがVX800(VS51A)を新たに投入。さらに、カワサキがGPZ900R(ZX900A)を国内でリリースし、続々とリッタークラスのバイクが登場し始めた。そんな中、1992年のCB1000SF(SC30)の登場に続き、国内モデルとして発売されたのがCBR1000F(SC31)だ。

注目は新開発の前後輪連動ブレーキシステム・DCBSで、レバー、ペダルどちらの操作を行っても前後輪に制動力を分配させ、制動時の挙動変化を極力抑える画期的なものだった。スタイリングは1987年のSC21型からの流れを汲む空気抵抗の少ないフルカバードで、フロントカウルはよりフラッシュサーフェス化されている。エンジンは水冷4気筒DOHC998ccで、CB1000SFにも採用されているもの。低中回転域で力強い出力特性を発揮し、1軸2次バランサーの採用でエンジン振動も極力軽減させている。スチール製のツインチューブフレームに、軽量&高剛性の大径41mmカートリッジタイプのフロントフォークやプロリンク式リアサス、3本スポークの軽量アルミホイールなどで、快適な乗り心地とハンドリングを実現した。ツーリング時の実用性も考慮され、リアのグラブレールや、左右4ヶ所に荷掛けフックも設置されている。

その後、VツインのVTR1000F・ファイアーストーム(SC36)や、CBR1100XX・スーパーブラックバード(SC35)と国内リッタークラスのスポーツモデルも充実。逆輸入車でしか入手できなかったモデルが身近なものとなった。CBR1000Fはそれら国内モデルの先駆者と言ってもいいだろう。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示