MVX250Fの概要|No:187||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) MVX250F

historyfileNo:187

他に類を見ないV型3気筒の2ストモデル「MVX250F(MC09)」

1980年の水冷2スト並列ツインRZ250(4L3)の登場は、250ccクラスに大反響をもたらした。今でも旧車として人気が高いのは誰もが認めるところだ。そのRZ250に対応すべく1982年に登場したのがVT250F(MC08)で、4ストVツインながら35psを発生し、数値上はRZ250(4L3)と同等のスペックを誇った。量産車初のアルミフレーム&45psのエンジンを搭載したスズキの対抗馬RG250γ(GJ21A)は1983年とさらに遅れて登場することになるが、その前に、ホンダも2ストモデルを投入している。それがMVX250F(MC09)だ。

MVX250F(MC09)の最大の特徴は何と言ってもエンジンだろう。水冷2ストV型3気筒はNS400R(NC19)くらいのもので、同じ大排気量2ストではRZV500RはV型4気筒、RG400γ・RG500γはスクエア4気筒とそれぞれ異なる。MVX250F(MC09)は前2気筒、後1気筒のV型90度のレイアウトで、後方のコンロッド重量を2倍にすることでセンタークランクマスを増し、4気筒並みのバランスとスムーズな回転を生み出している。V3エンジンのほか、250ccクラスで初めて40psを超えた点も見逃せないポイントだ。

総合力では1984年に登場するV型2気筒のNS250R(MC11)が上回るが、フロントのインボードディスクブレーキや16インチホイールの足回り、3本のチャンバーが奏でる排気音、エンジンフィーリングは十分魅力的。後続のハイパワーレプリカと比べればマイルドな位置づけになることから、RZ250Rと共に気負わずに2ストを楽しみたいライダーにピッタリだろう。わずか1年間という非常に短命なモデル1で、RZ250R程流通台数は多くないが、他人とは違うモノを求めるならMVX250Fは最適な候補だ。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示