VT250Fの概要|No:167||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) VT250F

historyfileNo:167

Vツイン250ccの出発から進化・熟成した「VT250F(MC15)」

1980年、ヤマハの名車RZ250(4L3)が登場し、軽量な車体+ハイパワーな水冷2ストエンジンの組み合わせで爆発的なヒットとなったのはご存知のとおり。兄貴分のRZ350(4U0)は「ナナハンキラー」とも呼ばれたほどだ。そんなRZ250に対抗すべく登場したのが1982年のホンダ・VTR250FC(MC08)だ。水冷4ストVツインながらRZ250と同等の35psを発生する一方、4ストならではの扱いやすさがビギナーにも受け入れられ、一躍人気No1となった。翌年にはフルカウルのVT250Fインテグラが登場し、1984年のマイナーチェンジ(VT250FE)では40psにパワーアップした。

今、VT250Fシリーズを入手するなら、MC15型であるVT250FGかVT250FHがベストだろう。1986年にモデルチェンジしたVT250FGは、VT250FEからさらにパワーアップし43ps/12,500rpmに。さらに1987年のVT250FHでは、インボードディスクのフロントブレーキを改めダブルディスクに変更。また、ポート形状やバルブタイミングの変更で、トルク特性やレスポンスの向上が図られ、ワイドレシオ化されたミッションとの組み合わせで、MC08型のVT250Fを上回る戦闘力を備えているのだ。

この頃には、CBR250FOUR(MC14)やCBR250R(MC17)といった並列4気筒モデル、後のレプリカ系で各社とのライバル競争が激化し、主力だったVTシリーズはアッパーカウルとアンダーカウルの装備でスタイリングはツアラー的な雰囲気となってしまったが、後継モデルVT250スパーダ(MC20)や、現在の主力モデルであるVTR250(MC33)にも劣らないスペックを誇っていた。Vツインのフィーリングをスポーツモデルで気軽に楽しみたいなら、まずはVT250FGまたはVT250FHに乗ってみてはどうだろうか?

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示