FLHRロードキング モトギャラリー|バイク探し(中古バイク検索)ならバイクライフ応援サイト!BBB

中古バイクならBBB

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタム

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタム

日本に存在するのは45台のみ…。そんなFLHR ロードキングを所有しているのが(有)市川商会の社長である市川さん。一体どういった車両なのかというと、ハーレーダビッドソン純正のカスタム車なのだ。

ラジカルペイントが施され、エンジンは1550ccにボアアップ。ありとあらゆる箇所ががクロームパーツに変更され、この輝きは写真を見ていただければ一目瞭然。ロードキング・ファンにとっては一度拝んでおきたいバイクの一つだろう。

ハーレー純正のカスタムペイント

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタム純正カスタムペイントともなるとその精度はバツグンのものだ

フェンダー、タンク、サイドカバーと全ての外装に施された塗装はラジカルペイント。ハーレーダビッドソン純正のカスタムペイントだけにその完成度はバツグン。

ハードタイプのサドルバッグもラジカルペイントが施されたもの。ベーシックモデルがベースとなっているが、カスタム感が色濃く漂う。

1550ccのメッキ武装エンジン

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタム眩しいほどのメッキパーツの数々に彩られたエンジン

エアクリーナーカバーを初めとし、考えられるあらゆるところにクロームパーツが装着されたエンジン周り。とにかく光っているほうがいい。そう考えるハーレーユーザーにとって、十分参考になる装着例だろう。その光るエンジンを守るエンジンガードもロードキングならではのもの。不意の転倒でもエンジン周辺をしっかり保護してくれる。

マフラーはスラッシュカットタイプに変更されている。サドルバッグの下になってしまうため目立たないが、ノーマルとは違った形状で、さりげなくカスタムをアピール。

そしてエンジン周りでの最大のポイントが排気量。エンジンの中身はボアアップされ、1550ccになっている。これにより、ツーリングモデルにふさわしく、ノーマル以上に余裕のある走りを実現した。

視界に入るパーツはクロームメッキに統一

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタム目に入るパーツにはメッキが目立つ

ライダーの視界に入るフロントも、もちろんクロームパーツを多用し豪華なものとしている。さらに、メッキのホイール、フォークカバーで一段と輝くフロント足回り。キャリパー、ホースも合わせて変更している。

ハンドルはファットバーに変更。メッキスイッチ、メッキマスター、グリップが装着。メーターにはタコメーターが追加され、スピードメーターパネルはホワイトタイプのものに変更した。

シート素材はなんと『エイ』革

ハーレーダビッドソン FLHRロードキング カスタムこのエンブレムが1550ccの証

シートには材質である革からこだわる。このシート、なんとエイ革で出来ているのだ。シートに見られる白い斑点がそれの証なのだ。さらにフロント側にも背もたれが装備され、長距離のクルージングで疲労軽減効果が期待できる。

シート後部のフェンダー上には1550ccを誇示するスクリーミングイーグル(SCREAMIN' EAGLE)のエンブレムが輝く。