V-ツインマグナの概要|No:173||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) V-ツインマグナ

historyfileNo:173

当時は数少なかったVツインアメリカンのひとつ「V-ツインマグナ(MC29)」

今でこそアメリカンと言えばVツインのイメージが定着しているが、アメリカンがブームになる前の1990年代前半は400ccクラス、250ccクラスともにラインアップが薄く、スティード400やXV400ビラーゴ、XV250ビラーゴの3モデルしかVツインエンジン搭載車がなかった。特に250ccクラスはシングルエンジンのホンダ・レブル、並列ツインのカワサキ・エリミネーター250LX、スズキはラインアップなしと、アメリカンそのものが少なく、ネイキッドやレプリカがまだ強かったのだ。そんな中で登場したVツインアメリカンがV-ツインマグナ(V-TWIN MAGNA)だ。

車名であえて「Vツイン」としているのは、マグナシリーズの兄貴分であるマグナ750がV型4気筒モデルで、それと差別化を図るためだろう。だが、マグナとしてのコンセプトは共通で、ボリューム感あるロー&ロングなスタイリングは250ccとは思えない本格的なもの。1620mmというホイールベースはマグナ750の1660に匹敵するもので、スティード400/600よりも長いのだ。また、メッキパーツの多用で質感高く仕上げ、シルンダーにはフィン付きカバーをボルト止めすることで、空冷エンジン風を演出するなど、まさにホンダは他メーカーを出し抜いたかたちとなった。

1996年にはフロントもディッシュホイールを装備したVツインマグナSも追加され、ラインアップを充実化。400ccクラスではスディード400がドラッグスター、デスペラード、バルカンに追随されるも、250ccクラスではデザイン・スタイリングで「現代のアメリカン」を提唱するスタンダードモデルとなったのは間違いのない事実だ。その証拠に、2007年の販売終了まで大きなモデルチェンジもなくラインアップし、流通台数も多い。アメリカンを気軽に楽しむならVツインマグナを選択しておけば間違いないだろう。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示