FZR400RR ヤマハ ヒストリーNo:032_1 |中古・新車バイクはBBB

BBB

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ヤマハ(YAMAHA) FZR400RR

historyfileNo:032

ワークスマシンと同様のディメンション。中型クラス最後のレーサーレプリカが「FZR400RR」

FZR400RR

FZからFZRへとシリーズの歴史は約20年に及ぶ。XJ400ZのエンジンをベースとしたFZ400Rは1984年に登場。翌年には、ノンカウルのFZ400Nがラインナップし、1986年にFZR400(1WG)が発売されても、FZシリーズは併売されていた。1987年にはレース出場を前提に、FZR400をベースとしたFZR400Rが限定発売。その後も1年ごとにマイナーチェンジを受け、1989年にはFZR400Rへと進化。同年末にはFZR400RR(3TJ)へとモデルチェンジすることとなる。

二輪車初のプロジェクターライトを装備したFZR400RRには、1986年FZR400に対する1987年FZR400R(限定)と同様に、レース仕様車のFZR400RR SPもあり、こちらはクロスミッション、大径キャブ、大型ラジエター、水冷オイルクーラー、強化クラッチを装備。1992年モデルから馬力規制で59psから53psに抑えられ、ラインナップ最後の1994年にはスタンダードモデルはなくなり、このSPのみとなってしまった。

レーサーレプリカブームの全盛から衰退までを見て取ることができるFZR400シリーズ。同型のエンジンは他車種への流用や受け継がれることなく販売終了となったが、現在の大排気量スーパースポーツにはないミドルクラスの速さや楽しさを味わうことができる、その完成形がFZR400RRといえるだろう。

 
※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示