SRX400の概要|No:033||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) SRX400

historyfileNo:033

スポーツライディングが楽しめるビッグシングルが「SRX400(3VN)」

SR400/SR500でシングルの地位を築いたヤマハは、4バルブ化したエンジンを搭載したSRX400/SRX600でシングルのスポーツ性を追及し、新たな可能性を切り開いた。同じシングルながらクラシカルなSRシリーズに対し、モダンなシングルとして根強い人気を誇り、ビッグシングルレースでも、そのポテンシャルを発揮。免許を取りたてのビギナーから、レース志向の上級ライダーまで楽しめる、懐の広いモデルだった。

モデルチェンジ前の車名はSRX-4、SRX-6とも呼ばれ、1985年のデビュー当時、SRX-6はダブルディスク、リザーバータンク付きツインショック、オイルクーラーが装備され、SRX-4よりも充実していた。基本コンセプトはそのままに、年々熟成を重ね、1987年にはオイルクーラーの有無だけの違いとなり、1990年のフルモデルチェンジで、違いはエンジン(排気量)のみとなった。

前期モデルがキック始動のみで、マニアにしか受け入れられないような面もあったが、後期モデルはセル始動となり、ビギナーでも手軽に楽しめるようになった。モデルチェンジ後もエンジンの基本的な部分は変わらないものの、キャブレターや点火方式CDIからフルトランジスタ)を変更。セルモーターを装備したことで、オイルタンクがエンジン前方に移され、冷却効率を向上した。フレームはメインチューブが太く高剛性なものになり、これに合わせてスイングアームも変更。リアサスは1本タイプのモノクロスサスになり、リアタイヤは17インチ化&ワイド化された。スタイリング面では、前期モデルのやや丸みを帯びた感じからシャープさが加わり、、曲面が美しく造り込まれている。SRXのスタイルを特徴づけるショートマフラーも健在だ。

同系のエンジンはオフロードモデルのアルティシアにも流用され、SRX400は1990年代後半までラインナップ。後に、シングルモデルはSR400だけとなってしまったが、ビッグシングルで手軽にスポーツライディングできるモデルとして見逃せない一台といえる。

※YDIS・・・ヤマハ・デュオ・インテーク・システム

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示