FZ400の概要|No:102||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) FZ400

historyfileNo:102

ネイキッドの使い勝手の良さに加え、スポーティーさをさらに高めた「FZ400」

400ccクラスには、すでにXJR400(1993年)をラインナップしていたヤマハ。1994年にXJR400S、1995年にXJR400R、そして1996年にはXJR400R2とバリエーションを増やしていった。しかしここで、ネイキッドモデルの乗りやすさ、使い勝手の良さを継承しつつ、スポーティーさを一段と高めたFZ400を登場させた。

フレームマウントでフロントに装備されたハーフカウルは、ウインドプロテクション性に優れているのはもちろんのこと、角型のデュアルヘッドライトが特徴的で精悍な顔立ちとなっており、未来志向が感じられるデザイン。シャープなラインのボディーからも、より一層スポーティーさを感じさせる。

ワイドタイプで高剛性な鋼管製ダブルクレードルフレームに搭載されるのは、XJ400Z(1983年)由来の水冷直列4気筒エンジン。丸型のカムカバーがユニークで、それを見ただけでFZ400と分かるデザインだ。キャブレターはフラットタイプを採用し、低速から高速まで扱いやすくパワフルなバイクに仕上がっている。リアのリンク式モノクロスサスをはじめ、サスペンションは前後ともハードな走りに十分対応できる性能を持つ。タイヤはワイドラジアルを装着、フロントブレーキにはブレンボキャリパーを装備し、足回りからもスポーティーさを感じられる。

街中のみならず、高速においても快適な走行が期待でき、とにかく純粋に走りが楽しめるスポーツバイクがFZ400。FZ400R(1984年)やFZ750(1985年)を彷彿とさせるボディーカラーもラインアップされたが、往年のFZような人気を得ることはできず短命に終わってしまった。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示