XJ400の歴史|No:056||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) XJ400

historyfileNo:056

XJ400の歴史

1980年

XJ400

ヤマハ初の空冷4ストDOHC4気筒400ccエンジンを搭載。スタイル、操縦性ともにバランスが取れたこのモデルは、後にクラスNo.1の人気モデルとなった。

1981年

XJ400D

YICSを装備し、中速域の出力特性と、燃費の向上が図られた。フロントのディスクローターは穴開きとなり、エンジンはブラックアウト、さらにクラス唯一の4本出しマフラーが採用された。

1981年

XJ400スペシャル

プルバックハンドル、ティアドロップタンク、ショートマフラーなどを装備したアメリカンモデル。カワサキのZ400LTDと人気を二分した。

1983年

XJ400Z(/ZS)

水冷エンジンを搭載し55PSへパワーアップ。スタビ付きバリアブルダンパーのフォーク、新タイプのモノクロスサスを採用した。これにアッパーカウルを装備したのが「ZS」。

1984年

XJ400ZE

XJ400Zをベースに、フレームマウントのアッパーカウルとアンダーカウルを装備したモデル。XJ400シリーズの最後発となる。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示