モーターサイクルデイズ

藤原かんいちの体験的  都道府県別ツーリングガイド

VOL.06 四国SHIKOKU(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)

この記事をシェアする!

  30年以上日本全国をバイクで旅してきた藤原かんいちが、都道府県別のおすすめツーリングスポットなどを写真付きで紹介。これからのベストシーズン、おすすめのツーリングエリアは四国。四国と言っても徳島県、香川県、愛媛県、高知県それぞれ違った個性を持っている。マイナーなところから定番まで、今回は4県まとめて一気にガイドします

01.かかしの里

  徳島県三好市東祖谷にある「かかしの里」。何も知らずに山道を走っていたら、橋の上に人が立っていたり、人が集まっていたり、「なんかおかしいなぁ…」と思って近づいて見たら等身大のかかしだったのでビックリ。いろんな場所に置かれ、観光スポットになっている。

02.祖谷川渓谷

  深く切り込んだ祖谷川渓谷を眼下に眺めながら県道32号を走っていると、崖の上に立つ「しょんべん小僧」が現れる。昔、子供たちがここで度胸試しをした話が残ることからこの像が立てられたというが… 上半身を乗り出し谷底を覗き込むと足がすくみそうになった。

03.大歩危峡・小歩危峡

  大歩危峡、小歩危峡。結晶片岩が水蝕されてできた約8kmにわたる溪谷で、彫刻で彫ったような美しい奇岩怪石が続く。春は桜、秋は紅葉が美しく、川ではスリル満点の舟下りが楽しめる。大歩危は貴重な自然が残ることから、国指定天然記念物に指定されている。

04.国道439号

  「よさく」の愛称で親しまれる国道439号。とても国道とは思えない細くて頼りない舗装路が続くことからライダーから「酷道」と呼ばれている。時々現れる廃墟化した集落、朽ちたクルマのスクラップ、昼でも暗い林…ある意味、見どころ満載の国道なのである。

05.阿南海岸

  四国の中でも徳島県南部から室戸岬まで続く海岸線は特に美しいので、ぜひバイクで走って欲しい。青い海、岩場、緑の山、そして道しかないが、そんなシンプルな世界をバイクで走れることが阿南海岸の魅力。南部はコンビニやスタンドも少ないので注意しよう。

06.小豆島

  瀬戸内海に浮かぶ小豆島、古くは小説「二十四の瞳」、近年ではテレビドラマ「Nのために」の舞台となったことで知られている。食べ物は醤油、そうめん、オリーブの産地としても有名。エンジェルロードや紅葉の美しい寒霞渓など、ツーリングスポットも満載だ。

07.讃岐富士

  船で高松に着き香川県を走り始めると、あることに気が付く。それはお椀を逆さにしたような山。これは浸食によってできたもので「讃岐富士」など7つの山があり「讃岐七富士」と呼ばれている。ほとんどの山に登山道があるので興味がある人はぜひ登ってみよう。

08.讃岐うどん

※「全国旅ご飯」でも紹介中

  香川県に来たら「讃岐うどん」。本場は違うのでぜひ食べてみよう。基本セルフサービスの店が多く、「ぶっかけ」など自分で注文。その後、店によっては出汁を自分でかけるところ、自分で茹でるところもある。値段が安いので、何軒かハシゴをして味比べしてみよう。


観覧履歴