1990年代 カワサキのヒストリー

ネイキッド・ブームの火付け役となった名車「ZEPHYR(ゼファー)」が登場

正確には1989年、カワサキの名車「Z1」のレプリカとも言える「ZEPHYR400(ゼファー400)」が登場! それまでの高性能なレーサーレプリカとは違い、気軽に楽なポジションで乗れるのが魅力で、「ネイキッド・ブーム」の火付け役となった。その後、ゼファー750、ゼファー1100が登場し、全盛時代のZ系の乗り味なども引き継いでおり、現在でもその人気は衰えていない。その後、「Z1000R」のレプリカとも言える「ZRX」シリーズが登場し、さらに人気が出ている。

その他、ライトチューンのみで実測300km/hオーバーを世界で初めて記録した「ZZ-R1100」、BIGスポーツ「ZX-9R」、レーサーレプリカ「ZXR」シリーズ、そして今の”モタード”の火付け役ともいえる「D-トラッカー」と、多種多様なマシンが登場している。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

観覧履歴