モーターサイクルデイズのトップバナー

藤原かんいちの体験的  都道府県別ツーリングガイド

VOL.03静岡県SHIZUOKA

この記事をシェアする!

  30年以上日本全国をバイクで旅してきた藤原かんいちが、都道府県別のおすすめツーリングスポット、グルメ、ユニークな文化などを写真付きで紹介。今回は関東圏のライダーに人気のエリア静岡県。関東圏でも特に気候が温暖なエリアなのでこの時期のツーリングもOK!  ぜひ、次に週末は静岡県へツーリングに出かけよう!!

01.伊豆スカイライン

  熱海峠から天城高原南へ延びる風光明媚な有料道路でツーリングライダーの人気も高い。交通量も少なく、適度なカーブが連続するのでバイクが楽しめる。さらに眺めもいい場所が各所にあるので、走るだけでなくぜひ展望台などで休憩して、絶景も堪能しよう。

02.大瀬崎

  伊豆半島の西海岸、駿河湾に突き出した半島で別名「琵琶島」と呼ばれている。海越しに望む富士山の風景は日本の名勝として古くから知られているので、ぜひ立ち寄ってほしい。岬には伊豆の七不思議と言われる「神池」や国の天然記念物「ビャクシン樹林」もある。

03.河津七滝ループ橋

  伊豆半島の真ん中を南北へ延びる国道414号を走っていると山の中に突然ループ橋が現れる。グルグルと回転しながらバイクを走らせていると目が回りそうになる。近くに7つの滝が楽しめる「河津七滝ハイキングコース」もあるので、ループ橋と一緒に訪ねてみよう。

04.西伊豆スカイライン

  一年中賑やかな伊豆半島だが、比較的素朴な雰囲気が残っていて静かな時間が過ごせるのが西海岸。そこでぜひ走ってほしいのが土肥の東にある「西伊豆スカイライン」。名前の通り尾根の上を走るルートで、適度にカーブもあり、思う存分走りを楽しむことができる。

05.石廊崎

  伊豆半島の最南端の岬が断崖絶壁の石廊崎。岬からは水平線がドーンと見える。断崖の遊歩道を歩いてゆくと、先端は険しい岩山になっていて熊野神社がある。小さな祠があるだけだが、お静と幸吉との恋話の伝説から、カップルの縁結び神社として人気がある。

06.下田港

  伊豆半島の南部にある港で、幕末にペリー艦隊が入港、開国の舞台にもなった古い歴史を持っている。町を歩いていると「なまこ壁」と呼ばれる漆喰の壁と「伊豆石」で作られた壁を見ることができる。また町の背後にある下田富士の山頂へは階段で登れる。

07.御前崎

  静岡県の最南端が石廊崎。丘の上には日本の灯台50選のひとつ御前埼灯台があり、美しい景色が眺められる。10月~4月は強風の日が多く、あまりの強風で近くまで行ったが立ち寄らずに通過したことが何度かある(笑)。またウミガメの産卵地としても知られている。

08.浜名湖

  静岡県内で最も大きな湖。元は淡水湖だったが、地震と高潮によって海と通じて汽水湖になった。栄養素が豊富なため多くの魚が集まる。特にウナギの養殖は有名で、浜名湖といえば鰻丼というくらい人気がある。国道1号に近いのでぜひ休憩を兼ねて立ち寄りたい。


観覧履歴