BBB MAGAZINE

  • EnjoyCampTouring!

    2017.04.10 / Vol.16

    - page2 - 藤原かんいち的・関東キャンプツーリングガイド

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

プラン5:「清里高原」

趣のある教会
趣のある教会
牧場で羊と触れ合う
牧場で羊と触れ合う
高原らしい風景
高原らしい風景

都心から清里まで約180km、2時間半~3時間。爽やかな高原の風を感じたくなったら清里へ行こう。雄大な八ヶ岳を眺めながら高原らしい風景が満喫できる。走りが気持ちいいのは「八ヶ岳高原ライン」、記念写真を撮るなら「JR最高地点」、休憩は「清泉寮」でソフトクリームで決まり。ついでに「滝沢牧場」で乗馬も楽しんじゃおう。

キャンプ場info

アクセス:中央高速道の須玉ICを降りて、国道141号で清里方面へ向かう。
●清里丘の公園キャンプ場
WEB:http://www.kiyosato-okanokouen.com/blank-32
●清里中央オートキャンプ場
WEB:http://www.autocamp.co.jp/kihonjohof.html
●滝沢牧場キャンプ場
WEB:http://www.takizawa-bokujo.jp

プラン6:「ビーナスライン」

空が近くに感じる
空が近くに感じる
たくさんのライダーとすれ違う
たくさんのライダーとすれ違う
美ヶ原美術館
美ヶ原美術館

都心からビーナスラインまで約250km、3時間~3時間半。ライダー憧れの高原ツーリングルート。素晴らしい道なのでどこまでも、いつまでも走り続けたくなる。蓼科湖、白樺湖などの湖、霧ヶ峰湿原などの自然。霧ヶ峰富士見台、三峰大展望台からは絶景も楽しめる。さらに最高地点には美ヶ原美術館もある、とにかく魅力満載のルートなのだ。

キャンプ場info

アクセス:中央高速道の諏訪ICを降りて、ビーナスラインへ向かう。
●ミヤシタヒルズオートキャンプ場
WEB:http://www.miyashitahills.jp/
●姫木平キャンプ場
WEB:http://himekicamp.web.fc2.com/index.html
●蓼科レイクサイドキャンプ場
WEB:http://www.avis.ne.jp/~reiku/

プラン7:「南房総」

富津岬まで足を延ばす
富津岬まで足を延ばす
野島崎灯台が見える
野島崎灯台が見える
房総フラワーラインを行く
房総フラワーラインを行く

都心から館山まで約100km、約1時間半。房総半島の南端は温暖な気候のため一年中ツーリングが楽しめる。菜の花が咲く時期の房総フラワーラインは必見。海岸線には洲埼灯台や野島崎灯台など美しい灯台が点在、おいしい海の幸が食べられる店も豊富に揃っている。できれば房総は暴走せずに(笑)、季節を感じながらのんびり楽しもう。

キャンプ場info

アクセス:富津館山道の富津ICで降りて、館山方面へ向かう。
●お台場海浜庭園
WEB:http://www.odaibakaihinteien.jp/
●大房岬自然公園キャンプ場
WEB:http://taibusa-misaki.jp/camp/camp.html
●清和県民の森キャンプ場
WEB:http://www.chiba-forest.jp/seiwa/

プラン8:「御前崎」

富津岬まで足を延ばす
富津岬まで足を延ばす
野島崎灯台が見える
野島崎灯台が見える
房総フラワーラインを行く
房総フラワーラインを行く

都心から御前崎まで約240km、約3時間。静岡県最南端の御前崎はツーリングの目的地として行く人は少ないが、僕的にはおすすめ。御前崎灯台から眺める風景が素晴らしく、さらに海岸線の道も海が近くて気持ちがいい。小さいが御前崎漁港やヤシの木通りも雰囲気がある。また国道150号を西へ行くと日本有数の遠州大砂丘がある。(笑)、季節を感じながらのんびり楽しもう。

キャンプ場info

アクセス:東名高速道の牧之原ICを降りて、国道473号で御前崎へ向かう。
●マリンパーク御前崎オートキャンプ場
WEB:http://www.omaezaki.gr.jp/contents/index.html?sc=2
●火剣山キャンプ場
WEB:http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/
●島田市野外活動センター山の家
WEB:http://yamanoie.web.fc2.com/index.html

人気コンテンツ