BBB MAGAZINE

  • MotorCycleDays

    2014.05.27 / Vol.09

    - page1 - 100,000kmリトルカブの旅の装備品写真大公開!!

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    リトルカブ

2009年の春、リトルカブで国道を全制覇する旅をスタートした。旅の大きな目標は①国道全線を走破すること、②道の駅を全部巡ること、③10万㎞を走ることの3つ。そのうちのひとつ10万㎞を昨年達成した。そこで今回は旅で使っている装備品を全紹介。これだけ持っていれば日本一周、世界一周だって不可能じゃない!?ぜひツーリング装備品の参考にしてください。

日本一周用リトルカブ装備

PickUp! パッキングスタイル

パッキングスタイル
これがいつものパッキングスタイル

これが10万キロ国道全制覇しているリトルカブの基本的なパッキングスタイル。リアの左右に防水サイドバック、同じバックをリアキャリアの上に載せている。そしてリアキャリアにもうひとつクラウザーのトップケース。荷物が多いときはさらにバックをひとつフロントキャリアの上に載せている。重心が高くならないように、また左右のバランスなど、荷物の中央にマス化するなど、全体を考えながらパッキングしている。

PickUp! テントほか

テント&ドカシー
テント&ドカシーはキャンプの必需品
テント設営
テント設営キャンプ風景。潮岬にて

この旅の必需品のひとつがテント。キャンプ場は低料金だし、テントで公園や海岸など野宿をすれば宿泊費は0円になるからね。それにゲストハウスに泊まる予定が、万が一トラブルなどで宿にたどり着けなくても、テントがあればなんとかなる、持っているだけで安心感が違うのだ。

最初の頃はツーリング向けの上質なテントを使っていたが、3年以上使い続けていたらさすがに防水力が低下、穴だらけになったので、大阪のホームセンターで約4000円の2人用の安いテントを購入。現在も使い続けている。ポールをクロスさせるタイプのシンプルなテント。安物だが1年以上問題なく使えている。ただポールの強度が弱いので、別のテントで使っていたアルミポールを同じ長さに切って使っている。

グランドシートの下にはグリーンのドカシー。地面に石などがあるとグランドシートに穴が開いてしまうことがあるが、ドカシーを一枚間に入れるとテントが長持ちするし、地面からの雨の染み込みも防ぐことができて一石二鳥。

PickUp! シュラフほか

シュラフとシュラフカバー
ベテラン選手のシュラフとシュラフカバー
シュラフ
シュラフは羽毛製がベスト

水道橋にあるアウトドア用品店「さかいやスポーツ」のオリジナルシュラフ。ただ27年前の代物なので、もちろん今は販売していない。真冬の北海道をツーリングするために買った羽毛製のシュラフでかなりヘビー。確かマイナス10まで対応と書いてあったような気がする...。ただ相当に古いので保温性はかなり低下していると思われる。また「匂ってきたなぁ~」というときは除菌消臭のファブリーズでシュシュ!と吹付いてごまかしている(笑)。

封筒型とマミー型があるが保温力が高くコンパクトになるマミー型がオススメ。ファスナーが足元まで延びているタイプなので暑いときはフルオープンにして、掛け布団のようにして使っている。シュラフカバーも同じ「さかいやスポーツ」の27年前の物。ゴアテックス製で寒さが厳しいときはシュラフの上に被せて使っている。とても薄いカバーだが防風性の高いゴアなので被せただけで、保温力がぐっと高まる。

PickUp! エアマットほか

エアマット、銀シート、フリースブランケット、
エアマット、銀シート、フリースブランケット

エアを吹き入れるタイプのマット「サーマレストマット」は一度使い始めるとやめられなくなる。今ではこれ以外のマットで寝ることは考えられない。ウルトラライトなどモデルを変えながら20年位サーマレストを使い続けている。クッション性が高く、さらに空気を抜き、畳むとかなりコンパクトになる(普通のウレタンマットの半分以下)。

難点といえばたまにパンクすることくらいかな。寒いときはこれにプラスして100均一で買ったペラペラの銀シートを床に敷いている。フリースブランケットも100均一で購入。寒いときはシュラフの上にかけたり、丸く畳んで枕にしたり、いろんな用途に使っている。

PickUp! カセットコンロ

カセットガス式コンロ
10年以上使っている、使いこまれたカセットガス式コンロ
折り畳み式コンロ
折りたたむとコンパクトになる。四角いのでパッキングもしやすい

GZのカセットガス式のコンロ。カセットガスはどこでも手に入り、安価で、使用方法も簡単なのでバイクツーリングにはオススメ。このコンロは記憶は定かではないが、おそらく10年以上使い続けている。ケースがV字になり風防と鍋受け2つの役割を果たしている優れもので、折りたたむと手のひらサイズになる。火力の調整できる。

PickUp! コッヘル

大小サイズがワンセットになったコッヘル
大小サイズがワンセットになったコッヘル

軽量で丈夫なチタン製のコッヘル。大小サイズで重ねて収納することができる。大サイズは取っ手が両手持ち、小サイズは片手持ちになっている。一つをご飯炊き用、もう一つをおかず用(カレーを温めたり、みそ汁を作ったり)として使うことが多い。サイズも大き過ぎず、小さ過ぎずなので気に入っている。

PickUp! スプーンほか

携帯用スプーン&フォークと箸のセット
携帯用スプーン&フォークと箸のセット

これまたチタン製のスプーンとフォーク。キャンプ用なので軽量コンパクトに設計されている。箸は世界一周をするとき友人からプレゼントしてもらったもの。上下二等分になっていて、上と下をネジでつなげて一本になる。とてもコンパクトになるので気に入っている。上部がチタン、先端の方は木製でできている。スノーピーク製。このセットを持っていれば、和洋中華...大抵のものは食べられる(笑)

人気コンテンツ