BBB MAGAZINE

  • レストア野郎★Zippy編

    2013.10.29 / Vol.03

    - page1 - いよいよ全バラ開始! でも、いろいろと簡単には外れないのだった・・・

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    NANDY小菅

    • カメラ

    NANDY小菅

    • バイク

    Zippy

綺麗にするには まずはバラバラにしてからだ!
サビサビZippy

2ストメイト系のこのエンジンはエキパイがねじ込み式フランジなのです。まっ茶に錆びまくっていますが、無事に外れるのかこれ? まあ、とにかく回してみましょう。

ねじ込み式フランジ
フックレンチで回してみます

デイトナ製のリアショックに付属していたフックレンチを使って回してみたら意外にあっさり回せました。外は錆びていても内側は2ストオイルがコーティングしていて錆びてなかった様子。もしフックレンチがなければ貫通式のマイナスドライバーとハンマーで軽く叩いていけば外せるでしょう。

リアブレーキ
折れてしまいました...

リアブレーキのトルクロッドから調整部分を外したいのですが、とても手では回せないくらいサビているので、バイスプライヤーでロッドが捩れないように押さえながら回します。でも軽く回しただけなのに根元からポッキリだよ! サビによる金属疲労ですね。

ジッピィのネジ

なんと13mm
テール部
テールランプの固定ねじ

ジッピィはいろんな部分のネジの頭が13mmなんです。こんなに13mmを使うバイクは初めてで驚きましたが、昔の規格なんでしょうね。テール部分は無事に外れましたが、テールランプの土台のプラスネジはこれ以上やってもナメてしまいそうなので、今外すのは諦めました。

次はエンジンです
カバーのネジが回らない・・・

足周りを外すより先にエンジンを下ろそうと思ったのですが、クランクケース左側のカバーのプラスのネジが全く外れない。4本のうちの1本は既に付いていなかったのですが、残りの3本が全く動く気配が無いんです・・・。ショックドライバーでも試してみたのですが、うちにある工具ではどうにもならない。こいつはマイッタ・・・。

自力ではここまで

エンジンマウントを外したいのに

クランクケース左側カバーが外せないとカバーの内側にあるエンジンマウントのボルトが回せないんです。どうやら自力ではここまでの様子です。

外せるところは外しました
リアキャリア、ステップ、マフラー、リアショック

結局、ネジが緩んでくれて無事に外せたのはテール周りとリアキャリア、ステップ、マフラー、リアショックといったところ。テールランプユニットはテールにくっ付いたままですけども。

再び、太洋モータースさんに持って行きました!
稲村さんに協力支援してもらいます。

1回目でエンジン始動を手伝っていただいた阿佐ヶ谷の太洋モータースの稲村さんに協力支援してもらうことに。「クランクケース左側のカバーが外れないので、コレってどうにかならないっすか~?」

ショックドライバーで挑戦
スナップオンのショックドライバー

ナンディさんも自前のショックドライバーで試し済みですが、もう一度試してみることに。ショックドライバーとは握る柄の方からハンマーで強く叩くことで、押し付けながらドライバー側の先端が回転してくれる工具です。太洋モータースで使われているMACツール製ショックドライバーで試してみたら一発で緩んでくれました。やはり安物ではなく、しっかりとした良い工具を使わないとダメってことですねぇ。

エンジン下りましたー!!

リアブレーキペダルこれも外せなかった
叩いてもダメ

自分でやろうとしてもどうしても外れなかった部分がもう一つあって、それがリアブレーキペダル。ロックに使われているEリングは外れたのですが、シャフトとペダルの穴が完全に固着していて何をやってもダメだったんです。太洋モータースさんでも叩いてもらいましたが、やはり強固な固着っぷり・・・。ここは後回しにしてまずはエンジンを下ろすことにします。

エンジンおりました!

エンジン下りましたー!! エンジンマウントはたったの2本で、これを外せばエンジンは外せます。モンキーなどと同じですね。エンジン自体はさほど重量があるわけではないので一人でも作業出来ますよ。

人気コンテンツ