モーターサイクルデイズ

藤原かんいちの体験的  紅葉ツーリングガイド

この記事をシェアする!

  紅葉真っ盛りの季節になりました。今月は都道府県別ツーリングガイドを1回休みをして、これまで全国を旅してきた中で「ここの紅葉は良かった!」と印象に残っている、ぜひ訪ねて欲しいおすすめ紅葉スポットをご紹介します。いま時期しか見られないカラフルワールド。ぜひ次の休日はバイクに乗って紅葉を見に出かけよう♪(年によって紅葉の見頃の時期は変動するので、事前に各スポットの最新情報をチェックしておこう)

01.龍飛岬・龍泊ライン(青森県)

龍飛岬
ため息が出るような風景がどこまでも続く
龍飛岬
わき見運転をしないように注意

  青森県の津軽半島、その最北端が龍飛岬。晴れた日には北海道も見える。「津軽海峡冬景色」の歌詞にも出てくる屈指の観光スポット。龍飛岬から小泊までの国道339号は走りごたえのあるワインディングロードだが、美しい紅葉も楽しめる。ぜひ、岬とセットで訪ねよう。

02.十和田湖・奥入瀬渓谷(青森県・秋田県)

奥入瀬渓谷
自然の美しさを肌で感じよう
十和田湖
湖の青と紅葉のコントラストが絶妙

  紅葉が美しいことで全国に知られる十和田湖と奥入瀬渓谷。十和田湖を一周する道には展望台がたくさんあり、各所から絶景が満喫できる。また奥入瀬渓谷に沿って伸びる遊歩道を歩くのも楽しい。ただしシーズンは観光客が多くなるので、湖周辺の走行は注意しよう。

03.鳴子峡(宮城県)

鳴子峡
観光の中心となるのは鳴子峡レストハウス
鳴子峡
荒尾湖の湖畔道路もぜひ走って欲しい

  宮城県の北部にある鳴子峡の紅葉も有名。国道47号を走っていると飛び込んでくる紅葉の美しさにノックアウトされるだろう。鳴子峡ではそんな紅葉と一緒に温泉も楽しめるのも魅力。近くには川湯温泉、鬼首温泉郷などもあるのでツーリングの疲れを癒しちゃおう。

04.笹谷峠(宮城県・山形県)

笹谷峠
道が狭いので対向車に注意しよう
笹谷峠
ダイナミックな山々の風景が広がる

  あまり知られていないがとてもきれいだったのが、仙台と山形を結ぶ国道286号線の県境の笹谷峠周辺の紅葉。高速道路と並行しているローカルルートなので交通量も少なく道も狭いが、思う存分紅葉が楽しめる。峠付近は急カーブが連続するので運転は気を付けて。

05.国道458号(山形県)

国道458号
視界が開けた場所からの展望は抜群
国道458号
人も車も少ないのでゆったり紅葉が楽しめる

  一部にダートが残っているという全国でも珍しい国道。それだけでも興味をそそられるのだが、この道から眺める紅葉が素晴らしい。交通量が少ないこともありカラフルな絶景を独り占めできる。雨の翌日は道の落ち葉が滑る上にカーブが多いので注意しよう。


観覧履歴