BBB MAGAZINE

  • プロトモスピーダ

    2008.01.16 / Vol.03

    外装離脱~考察2

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    NANDY小菅

    • カメラ

    NANDY小菅

    • バイク

    GSX1300BK B-KING

そこで見えてくるものは光か! 影か!?

B-KINGの全貌に迫る

外装を外すことで、外見だけでは分からない部分もあらわになる。とりあえずプロトモスピーダプロジェクト一行(デザイン担当:荒牧伸志さん/製作担当:ファニーズ川口さん/企画立案:ナンディさん)は、外装を全て外すことでB-KINGの全貌に迫ってみることにする。
サイレンサーに付いているヒートガードも外しますが、よくよく見ればこれってサイレンサーは1個なのね。えらい野暮ったいサイレンサーが顔を出しました。

マフラーガードでした

サイレンサーが顔を出した

排気口は2本出しなのですが、サイレンサーは左右が巨大なのが1つ。マフラー作った人の苦労が見える作りですね。

外装撤去
普通のバイクに見える

ライトとフロントフェンダー、シート&シートカウル、アンダーカウルは雰囲気を見るために取り付けたままですが、とりあえず外装撤去。なんか普通のバイクに見えますね...。やはりB-KINGが持っている独自のスパルタンなイメージはウインカーが埋め込まれているサイドのカバーとマフラーのヒートガードにあったようです。

ハンドルがネックになってきた?

アッパーカウルは大きくなってもハンドルの左右の切れ角は確保したいので、そこの考察は入念に行う。当初はセパレートハンドルに変更するつもりでしたが、とりあえずアップハンのままで進行することにします。
実は同時に発売された新型の隼のトップブリッジとセパハンを入れれば「すぐさまセパハン化になってしまうのでは?」と考えていたのですが、隼とはトップブリッジの形状が全く違っていたのです...。ステダンの取り付け位置も全然違うところでしたし...。隼流用でセパハン化計画無念。

サイドのカウルを前に出してみる

サイドのカウルを前に出してみたりすると...なんだか未来が見えてくる! これが左右に突き出ていたらかっこいいなぁ。まあプロトモスピーダも、現状ではそんなイメージだと思っていただいてもよろしいかと思いますよ!

なーんか、とっても未来っぽいじゃないか!!

人気コンテンツ