BBB MAGAZINE

  • MotorCycleDays

    2016.03.23 / Vol.31

    - page1 - バイクで行きたい道の駅・九州編

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    リトルカブ

バイクで行きたい道の駅・九州編

少しずつ春の気配を感じるようになってきた今日この頃、いかがお過ごしですか? ツーリングシーズンもすぐそこまで来ていまね。といことで今回はツーリングに欠かせない休憩スポット「道の駅」シリーズ。僕自身がバイク日本一周の旅などでめぐった道の駅1000駅の中から、九州でおすすめの道の駅を10駅紹介します。「バイクで行くならここ!」「ツーリングで立ち寄るならここが最適!」「独断と偏見でここがお気に入り!」など僕なりの理由で選んだ道の駅。ぜひ、この春のツーリングで訪ねてください!

01福岡県「おおとう桜街道」

おおとう桜街道 駐車場
1億円のトイレ
とんこつラーメン

穏やかな山々が近くにある自然豊かな道の駅で、道を挟んだ反対側には彦山川が流れている。メインは地元の特産品や新鮮野菜が並ぶ物産直売所「もみじ館」、他に日帰り温泉「さくら館」、遊具が並ぶ「子供広場」もある。だがこの駅一番のウリは「1億円トイレ」、ぜひ立ち寄って欲しい。トイレ前の自動演奏グランドピアノからは音楽が流れ、トイレの窓からは美しい日本庭園が眺められる。こんなトイレ入ったことがない。もちろん無料。また温泉も内容充実していて露天風呂やシルキー湯、釜風呂などがある。入浴後は広い畳敷きの休憩所でリラックス。食事はとんこつラーメンで決まり。

住所:福岡県田川郡大任町大字今任原1339  [GoogleMap]
アクセス:県道52号沿い

02福岡県「歓遊舎ひこさん」

歓遊舎ひこさん
物産館
歓遊舎ひこさん駅

九州一ではないかというくらい食料が豊富。近くを通ると必ずここで何かを買っている。物産館の野菜は全て町内産というこだわり、さらに野菜や農産物に生産履歴をつけることで、安全性と安心感を高めている。ツーリングの途中でおいしい食材やお土産を買おうと思ったら迷わずGO。和菓子、地酒、特産柚こしょう、お米、干し椎茸、豆腐など添田町でしか手に入らない物がたくさんある。ランチは旬菜坊キッチン農家(みのりや)のバイキングで決まり。日曜祝日のメニューの数はなんと60種類以上!!また鉄道の駅も兼ねている珍しい道の駅でもある。

住所:福岡県田川郡添田町大字野田1113番1   [GoogleMap]
アクセス:県道52号沿い

03佐賀県「大和」

道の駅大和
のんびり出来るベンチ
道の駅大和そよかぜ館

福岡と佐賀を結ぶ国道263号沿い、穏やかな山の中にある道の駅。すぐ隣を嘉瀬川が流れている自然豊かな場所にある。メイン施設は「そよかぜ館」で新鮮野菜や特産品が売られている。木造を基調とした建物は、気軽に立ち寄りやすいアットホームな雰囲気。また商品はどれも庶民的な価格に抑えられていてお弁当類も安くなっている。実は3年くらい前、九州ツーリングの途中でひどい風邪にかかり、丸一日この駅のベンチで過ごした思い出がある。その時にいろいろとお世話になった駅なのだ。豪華さはないが店員さんは明るく、のんびりとした旅時間を過ごしたい人には最高の駅です。

住所:佐賀県佐賀市大和町大字梅野805  [GoogleMap]
アクセス:国道263号沿い

04長崎県「みずなし本陣ふかえ」

道の駅みずなし本陣ふかえ
土砂流に埋もれた本当の家屋
展望台からの雲仙普賢岳

この道の駅は他とは少し違う価値を持っている。それはこの地が雲仙普賢岳噴火による土石流災害を実際に受けた場所で、土砂流に埋もれた本当の家屋がそのままの状態で保存管理、見学できるようになっているからだ。観光や休憩で立ち寄るだけでなく、自然災害の恐ろしさをリアルに感じることができる貴重な道の駅なのだ。さらに敷地内にある展望台からは雲仙普賢岳を眺めることができる。レストランでは島原名物の「貝雑煮」「そうめん」深江名物の「車エビ」「ろくべい」が人気。軽食コーナーでは長崎県らしく「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」などが食べられる。

住所:長崎県南島原市深江町丁6077  [GoogleMap]
アクセス:国道251号沿い

05大分県「原尻の滝」

原尻の滝
付近の探索スポットも調べられる
道の駅 原尻の滝

日本の滝100選のひとつ「原尻の滝」のすぐ側にある道の駅。田園風景の中に突然現れる幅120m、高さ20mのスケールの大きな滝は「日本のナイアガラ」と呼ばれている。一見の価値があるので、近郊へ来たらぜひ休憩やランチを兼ねて原尻の滝を見学しよう。下から見上げるのもいいが、ここはぜひ滝が谷に流れ落ちるところを上から眺めてほしい。ランチをするならレストラン白滝。おすすめは大分名物のとり天を使った「とり天定食」、大分の郷土料理の代表「だんご汁定食」だ。滝の見学、ランチ、お土産購入、トイレ休憩がいっぺんに叶う駅なので時間を多めに取っておこう。

住所:大分県豊後大野市緒方町原尻936-1  [GoogleMap]
アクセス:国道502号から少し入る

人気コンテンツ