BBB MAGAZINE

  • 日本一周ライダーズファイル

    2020.04.21 / Vol.22

    籏裕樹さん(神奈川県在住)

CREDIT

旅の目的・テーマ

見たい景色を見て、食べたい物を食べ、会いたい人達に会いに行く、自由な旅。何事も経験。それが自信につながると思い日本一周を決意。

ストーリー

子供の頃、バイクは怖い人やヤンキーが乗っていて、ただただうるさく迷惑だと思うぐらいマイナスイメージでした(笑)。それが大学生のとき、バイト先の先輩のバイクの後ろに乗せてもらい、急加速を体感。「なんだっ、この刺激的な乗り物わっ!!」全身に電気がビビッと走り、バイクの虜に。すぐにバイクに乗ろうと決めた。その後、普通自動二輪免許を取得、選んだバイクは400ccの中で一番デザインがカッコイイと感じたSUZUKIのSV400Sだった。

それから通勤の足として、休日はツーリングを楽しむようになった。ネット動画などで日本一周や海外ツーリングしている人がいる事を知り、それからもっと知らない道、知らない街、知らない景色を見たいと思うようになってゆく。それから数年後、退職することになったタイミングを使って日本一周の旅をすることにした。

旅データ

■時期と日数
2019年6月~9月

■ルート
愛知スタート→関西→四国→中国→九州→沖縄→九州→中国→関西→中部→東北→北海道→東北→関東→中部→愛知ゴール

■訪問した都道府県
43都道府県

■走行距離
約14,784km

使用バイク車種

SUZUKI SV400S

good:デザイン。加速。急制動が得意。エンジン音。程良い振動。セパハン
bad:エンジンブレーキが強めのため、衝撃が少しある。ライトが暗め。エンジンがかかりにくい時がある。積載性が低い。セパハンなので慣れないと腰が痛い

「聞いてみた、10の質問」

①旅用にカスタムしましたか?

USB充電端子。ナビを使いたかったのでマウントステーを取り付けました


②どんな風に荷物を積載しましたか?

タンクバック。完全防水サイドバック(計40L)。リアの大型シートバック(53L)に完全防水のバックパック(40L)を固定していた。


③持参したアイテムで良かったものは?

「大容量モバイルバッテリー」
週1回は宿に泊まる計画で充電容量を考えて持参。緊急時なども含め、とても重宝した。

「バイク用ナビ」
携帯をナビにすると通信料がかかる上に、雨などによる故障が心配だったのでバイク用のナビを利用しました。さらにいつ壊れてもいいように、安価なのモノを選びました(笑)

「冬用バイクウェア」
夏用のウェアはもちろんですが日本の端から端まで旅するなら、冬用ウェアは持っておくべきだと思います。夏なのに北海道の道北、道東あたりは「冬なんじゃないか?」って思う位、寒い日がありました


④おいしかったグルメは?

●「鹿肉」北海道
日本一周で知り合った友達の父さんが北海道でマタギでした。とれたての新鮮な鹿肉は、食べやすく、絶品でした!

●「牛タン」宮城県
お腹が空いていたのもあると思いますが(笑)。今まで見たことない分厚い牛タンで、歯ごたえも味も完璧でした!

⑤良かったスポットは?

●「鳥海山」山形県、秋田県
鳥海山ブルーライン"を登った上で見た絶景。天気がいいと新潟、山形、秋田の海岸線が一望できる!自然に感動したスポットでした。さらに運よく、夜には山の上から打ち上げ花火を、見下ろす事ができました。

●「展海峰」長崎県
長崎県の九十九島を一望できるスポット!島々が点々としている景色は他では中々見られないので一度見に行って欲しいです!


⑥印象的な宿&キャンプ場は?

●「桃岩荘」北海道 礼文島
北海道の端、礼文島のユースホステル。他では見られない接客を体験できます!夜になるとミーティングがあり、みんなで歌ってと踊ります。トレッキング体験もあり、絶景も見られます。勝手に最北限のディズニーランドって呼んでいます(笑)

●「ゲストハウス結家」沖縄県 今帰仁
目の前は海!自然溢れる中にあるゲストハウス。"ゆんたく"と言って、宿泊客1人一品持ち寄りみんなで食事を楽しむ時間があります!暖かい雰囲気のある、みんなが自然と仲良くなれる宿でした!

●「カニの家」北海道 帯広
3日間連続まで無料で宿泊できるライダーハウス。シャワー、自炊、電気もあって無料!旅人もたくさん泊まっていて、快適に過ごす事ができました。

●「ねぶた祭り臨時サマーキャンプ場」青森県
ねぶた祭りに参加する為に利用。日本一周をしている人達がたくさん集まってくる、とても面白いキャンプ場でした(人が多すぎてあまり喋れなかったけど)。青森ねぶた祭りもめっちゃ楽しいお祭りでした。

●「種崎千松公園キャンプ場」高知県
人との出会いもあって良かったキャンプ場ですが、尋常じゃない蚊の量で印象に残っているキャンプ場(笑)。蚊が多すぎるので近くの海岸に避難しましたが、今度はゴキブリと沢山の猫、そして夜は釣り人の動く音で全然寝られなかった(笑)。それも今となってはいい思い出。

●「虎口池キャンプ場」岡山県
就寝中に野犬に襲われそうに!警察に来てもらい避難しました。


⑦一番好きな都道府県は?

長崎県
長崎県は気さくに話しかけてくれる人がたくさんいました。人の優しさがとても嬉しかったので、1番好きな県です。「日本一周頑張って!」と声をかけてもらえるだけで幸せでした。


⑧一番大変だったトラブルは?

熊本県でバイクが故障して10日間ほど熊本に滞在。その間に熊本県が梅雨入り、それもニュースになるほどの雨が降り続きました。何もする事がない日々、早く旅をしたかったのでとっても苦しい気持ちになりました。しかしそんな中でも、改装前のゲストハウスに泊めてくれる方々や旅人に出会い、助けられたのが印象的でした。


⑨一番嬉しかった出来事は?

会いたい人に会えたこと。実は日本一周をやめようって思う事は何度かありました(笑)。しかし、今まで関わった人にまた会いたい。今後の人生でもう会わないかもしれない人達もいて、そんな出会いを大切にしたいと思い、最後までやり遂げる事ができました。その中には新しい出会いもありました。旅に出る前は、人との関わりは重視していませんでしたが、旅を通じて人との出会い、関わりに幸せを感じようになりました。


⑩日本一周を振り返って、最後にひとこと

やってみないとわからない事、気付けない事が沢山あるので、本当に日本一周を達成して良かったです。大切にしたい事を胸に秘めて、また旅に出られるように頑張ります!

現在サイト掲載中のSV400Sの車両

人気コンテンツ