ドゥカティ1098カスタムのトップ
この記事をシェアする!
ドゥカティ1098 カスタム

  今回は、千葉県千葉市の「ライダースクラブ」さんのバイクを紹介。以前、同ショップの1098Rを紹介したが、今回は同じ1098でもRではない、ベーシックグレードのカスタム仕様を取り上げる。

  スーパーバイクをそのままサーキットで楽しめる、ライダースクラブオリジナル仕様として店頭販売中とのこと。さっそく紹介しよう。

BBBで【1098】を検索

  「実際に走行会レベルだったら、これくらいでもう走れちゃうかな」と今回紹介して頂いたライダースクラブの山信田氏。実際に装着されているパーツは、テルミニョーニレーシングサイレンサーに専用コンピューター、ドゥカティ パフォーマンス ハイスクリーン、カーボンリヤフェンダー、アエラフロントアクスルスライダー、アエララジエタープロテクター、オイルクラープロテクター、そしてライダースクラブオリジナルのヘッドライトカバーがセットになっている。

  他にもお客さんの要望に合わせて、バックステップを装着したり、サーキット専用に合わせてレース用のパーツを組み込んだりもしているそうだ。

カスタムパーツ

数々のカスタムパーツが奢られる1098。これで新車価格プラス数万円というのだから驚きだ

オリジナルのヘッドライトカバー

オリジナルのヘッドライトカバーは単品でも販売している

  サーキット仕様で売り出しているこの1098だが、やはり中には「公道でも走りたい」「サーキットまで自走したい」なんてお客さんもいるのではないだろうか。山信田氏に聞いてみた。

  「マフラーに関しては、これで公道走ると違法改造になってしまうので、公道で走りたいというお客さんに対しては、マフラーをノーマルに戻して、テルミニョーニは手渡しでということになります。あとは、誓約書を書いていただいて、トランポなどで積んでもらえるようであれば、元に戻すという前提で装着します。もしくは、ナンバーを取得しない状態にしてもらうとかですね」

ベースグレード

ベースグレードでも十分豪華な1098。サーキット前提ならこの選択の方がお得感は高い

今回紹介したドゥカティ1098はスタンダードをベースにライダースクラブ特別仕様車に仕上げている。SやRではなく、あえてスタンダードをベースに選んだ理由はあるのだろうか?

「実は1098Sの方が人気があるんですよね。でもその代わり、値段をリーズナブルに設定しているんですよ。マフラーだけでも19万円くらいするので。あとは、とりあえず乗ってもらいたいですね。お店に来て実際に確かめてもらいたいです」

なるほど、これだけの装備で新車販売価格プラス数万円という価格設定は、かなりお買い得と言える。気になる人はライダースクラブさんまで問い合わせてみよう。

BBBで【1098】を検索

千葉県千葉市稲毛区、国道126号線の両サイドにあるライダースクラブ。一方はカワサキ、もう一方はドゥカティやMVアグスタをはじめとしたイタリアン専門となっている。また、用品類やオリジナルパーツの販売もしており、特にイタリアン系のユーザーにとっては魅力的なモノが揃っている。カワサキもイタリアンも、どちらも「ビッグバイク」のイメージが強いが、まさにそれを象徴するように、用意されている試乗車はZZR1400、ZX-10R、ER-6Nなど。購入を検討している方なら気軽に試乗できる。

≫ 店舗情報詳細はこちらから