カワサキザンザスカスタムのトップ
この記事をシェアする!
カワサキ ザンザス カスタム

  東京都町田市のお店「アーキテック@モーター」さんはショップオリジナルのカスタムを得意としているお店である。もちろんスタッフのバイクも個性的なカスタムが施されている。今回はその中の1台、ザンザスを紹介しよう。仕事の合間を縫ってコツコツとDIYで仕上げたというこのマシン、オーナーのこだわりが感じられる1台だ。

BBBで【ザンザス】を検索
エメラルドグリーンのボディ

鏡のようなフレームとライムグリーンとは一味違うエメラルドグリーンのボディカラーが美しい

  「印象的なのは、やはり綺麗なグリーンで塗装されたボディとポリッシュで磨き上げられたフレームのコントラスト。ZRX風のカウルも装着されているので、一見しただけでは「ザンザス」とわからないくらいナチュラルに仕上がっている。

  フロントフェンダー、ライトカウル、タンク、シートカウルの塗装はすべて自家塗装。カラーはあえてカワサキのライムグリーンとはせずに明るめのエメラルドグリーンをチョイスした。よく見るとシートのステッチも同色にすることで統一感を出している。細かいところにも目が行き届いているのだ。 そしてポリッシュ。ラジエーターシュラウドからフレーム、スイングアームまでピカピカに磨き上げられている。仕事の休み時間を利用してコツコツと仕上げたそうだ。

メッキのように輝くフレーム

(左)メッキのように輝くフレーム (中央)ビキニカウルと共にライトを角型から丸目に変更 (右)シートにはボディカラーと同色のステッチが

エンジンはZXR

エンジンはZXRのものを流用

  エンジンやフレームなどがZXRをベースに作られているザンザスだけあって、ZXRから流用できるパーツも豊富にあるのもザンザスの魅力だ。このザンザスもエンジンが6万キロに達したところでZXRのエンジンに載せ換えているなど、ZXRからいろいろ流用を利かせている。 そこまでZXRに拘った理由を伺ってみた。 「やっぱりZXRの方が、なんとなく速そう…だからかな(笑)」

ステンチタンのスリップオン

マフラーはリヤピースのみ、ステンチタンのスリップオン。綺麗なチタンの焼き色が入っているが、実はメーカー不明の物をインターネットで探して購入し、装着している。他にもウインカー内蔵のクリアテールランプもすべてインターネットで見つけてきたものだそうだ。

オーナーはよくこうしてインターネットでパーツを見つけてきてDIYで装着しているという。インターネットを効果的に利用した最近流行のカスタム手法といえるだろう。

ザンザス

今回紹介したザンザスは、オーナーがバイクショップの店員ということもあり、カウル類の全塗装やフレームのポリッシュといったややハイレベルな技術を要するものもあったが、インターネットを利用して手軽に仕上げるカスタムなどは初心者にもとっつきやすいはずだ。

BBBで【ザンザス】を検索

東京都町田市、小田急線柿生駅近くにお店を構えるアーキテック@モーター。 もともとはラーメン店だった建物を上手く使い、店内にはバーカウンターや ダーツなども置かれているオシャレなバイクショップだ。 映画で使用するカスタムバイクの製作も行うなど、カスタムについての技術、知識も豊富。 またプロモーションビデオ用にバイクの貸し出しも行っている。 目玉は何と言っても1万円バイクの抽選会だ。気になる人はお店に問い合わせてみよう!

≫ 店舗情報詳細はこちらから