BBB MAGAZINE

  • 大人のたしなみとしてベスパに接してみよう!

    2018.09.25 / vol.51

    - page2 - イベント紹介 #3/VESPA WORLD DAYS 2018

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    隅本辰哉

    • カメラ

    PIAGGIO本国広報

    • バイク

    Vespa

愛好家達が満喫した圧巻のパレードRUN

VESPA WORLD DAYS
ベスパワールドデイズの楽しさを象徴する笑顔

VWDでは会期中に様々なイベントや展示などが行われ、参加者達に楽しんでもらえる趣向が凝らされています。中でもパレードRUNは人気の高いものとなっていますの。このパレードRUNはどこで開催されても必ず行われ、開催地ならではの景観や特色を楽しめるようなルート設定によって参加者達を喜ばせています。

今回は北アイルランドを象徴するような緑豊かな野原と素晴らしい景観のコーズウェイ・コーストを組み入れたルートを採用していて、これが参加者達には大好評で受け入れられました。しかも3000台超のRUNですから圧巻の光景だったのはもちろんのこと、道中で地元の人々が拍手で出迎えるといった一幕には参加者も大喜びだったそうです。

他にもホストサイドで用意された多くのイベント等により、会期中に参加者達はベスパ三昧&愛好家同士の交流を深めていくことになります。

そして最終日には各種表彰も行われます。パレードにも参加した1951年式ダグラスベスパは「最も古くて最も貴重な車両の賞」を受賞。「ベスパトロフィー」はベスパクラブ・モルチャーノ・ディ・ロマーニャ&ベスパクラブ・ベローナのイタリア勢が1位と2位、ベルギーのベスパクラブ・オステンドが3位となりました。

さらに「特別賞」はベスパクラブ・キプロス、ベスパクラブ・オステンドの両クラブのプレジデントが受賞。「ソロ・ベスパ・ドライバー賞」は、ベルファーストへの到着に6000km以上を旅してやって来たベスパクラブ・プラハの女性が受賞という結果になりました。

最後には2019年開催地がハンガリーだと発表され、VWD2018はその幕を閉じました。

◎ベルファーストを埋め尽くすようにベスパが走る!

VESPA WORLD DAYS

今回はここまで!

VESPA WORLD DAYS

若い世代も年配者も、旧型ハンドチェンジ車も現行オートマ車も、そしてカスタムやタンデム等、参加者のスタイルは本当に様々です。それでも皆「ベスパが好き!」という共通の合言葉を持って集まって来るんです。

さて次回のイベント紹介編もお楽しみに!

人気コンテンツ