BBB MAGAZINE

  • 大人のたしなみとしてベスパに接してみよう!

    2018.11.15 / vol.53

    ~イベント紹介 #4/第19回・VESPA BRUNCH~

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    隅本辰哉

    • カメラ

    隅本辰哉

    • バイク

    Vespa

今年もベスパフリークが待ちに待ったイベント、ベスパブランチが"いつもと同じ日"に"いつもと同じ場所"で開催されました。当然ベスパ乗りやベスパファンが大集結したのは言うまでもない......と言うワケで、早速レポートをお届けしちゃいます!

第19回・VESPA BRUNCH
日時:2018年10月7日/場所:茨城県牛久市・牛久シャトー/主催:ベスパブランチ委員会

好きだから集まりたい! いろんなベスパを見てみたい!!

日本各地からベスパ好きがやって来た
日本各地からベスパ好きがやって来た!

  毎年"いつもと同じ日(体育の日を含む3連休の日曜日)"に"いつもと同じ場所(茨城県牛久市の牛久シャトー)"で開催されるのがお約束のベスパブランチ。これはベスパ好きやベスパオーナー達が毎年楽しみにしているイベントで、"いつもと同じ日"&"いつもと同じ場所"というのがポイントになっています。これによって参加者たちが毎年の参加計画を立てやすくしているそうなんです。

  さて、今年はとても暑い、秋とは思えないような好天の下で行われたベスパブランチですが、いったいどんなイベントなんでしょう?

  これ、実に単純明快です。ベスパが好きだから集まりたい、好きだからいろんなベスパを見てみたい。それだけです。ベスパ好きが集まれば気になる車両を前におしゃべりが始まり、手に入れるためや買ってからの注意点といった情報交換も出来ちゃいます。それが基本となっていて、せっかくだから食事も出来た方が良いだろうという主催者の思いで開催時間帯に合わせたブランチ(遅めの朝食兼昼食)まで楽しめちゃうという寸法です。それとベスパクラブの会員でなくても参加が可能です。ベスパが好きであれば、一度このイベントに参加してみて、購入を検討しているベスパの情報収集をしてみてはいかがでしょう? 失敗しないためにもオススメだと思いますよ。

  実はもう一つ、ベスパブランチには大事な決まり事があります。それは開催毎、事前に発表されるテーマ車両なんです。参加者達が持ち寄ったベスパは会場に並べられ、皆が見て回れるよう配慮されています。その最前列にテーマ車両が並べられるため、毎年変わるテーマ車両に合わせてオーナー達が一喜一憂したりしているようです。なにせテーマ車両の中からその年のベストベスパ賞というアワードが決まるからと言うのがその理由です。今年はスプリントがテーマ車両に選ばれました。スプリントは現行モデルの他、60年代から70年代にかけて人気を博した旧型も対象となります。果たしてアワードは新旧どちらのスプリンガ選出されるのか? そんな楽しみもあるワケです。

新旧スプリント
今年のテーマ車両はスプリント。現行スプリントは現代的なオートマ・スクーターですが、旧型はベスパらしいハンドチェンジ式のミッション・スクーター。どちらも人気車種なので、最前列に並べられた新旧スプリントは注目の的!
レア車のスーパースプリント
こちらはレア車のスーパースプリント。一応スプリントを車名とするモデルなので、最前列の横に3台だけ並べられていました。レース出場を可能とする認定を受けるための、ホモロゲーションモデルとして生産された異色モデル
参加車両は80台オーバー
今年の参加者は総勢112名。展示された参加車両は80台オーバーというので、大盛況だったことが分かります。しかもあちらこちらで参加者達がおしゃべりを楽しみ、積極的に情報交換しているのが分かリますよね
開会式
開会式ではベスパクラブの顔とも言えるお二方が登場。Vespa Club TOKYOの代表であり、ベスパブランチ委員会をまとめる土田和寛さん(右)。それとベスパクラブ・ジャパンの山辺浩一さん。
参加者達
開会式の招集に合わせて、参加者達は会場内の一角に集合。実に協力的で、ベスパクラブやベスパ好き同士の結束が感じられました
ピアッジオグループジャパンのネリ・ミクラウス社長
「歴史あるベスパの様々なモデルを見る事が出来て嬉しく思います」と挨拶していたピアッジオグループジャパンのネリ・ミクラウス社長(左)

ブランチ名物のBBQ

  イベント名にもなっているブランチですが、お昼を兼ねた遅めの朝食を意味しています。これに合わせて、ベスパブランチでは毎年決まってバーベキューが提供されます。これは牛久シャトーのバーベキューガーデンを会場にしている事が理由ですが、ボリュームもあって美味しいと人気も上々。食事も楽しみつつ、ベスパ談義に花を咲かせてもらえたらという主催側の意図もあったりするようです。

4人掛けの丸テーブルなので同行者同士で席に着くのも良いし、じっくり話をしたいオーナーさんとの相席も良いでしょう。1人あたりお肉と野菜が1パックずつ、合計2パックもあるのでなかなかのボリュームがあるところも人気の理由かも。とにかく食が美味しいので、話しが弾む事請け合いです!

こちらのバーベキューはソーセージと焼きそば(どちらも別売)を追加購入した特別バージョン。バーベキューを楽しんだ後に、少しだけ残しておいた食材と一緒に追加購入分をドカッと投入。こうする事でシメの焼きそばまで楽しめちゃうというのだから、これはこれでオススメです!

人気コンテンツ