ドゥカティ デスモセディチRRカスタムのトップ
この記事をシェアする!

  ドゥカティがモトGPで戦うレースマシン「デスモセディチ」の公道仕様、1500台の限定生産、800万円を超える価格など、まさに夢のようなスペシャルバイク「デスモセディチRR」が千葉県千葉市のお店「ライダースクラブ」さんに入荷した。

  ライダースクラブさんではすでにデスモセディチRRの注文を何台か受けており、幸運にもその中の1台に出会うことができたのだ。 今回はドゥカティの本国イタリアでテクニカルトレーニングを受け、デスモセディチの整備を担当する宮村氏にお話を伺ってみた。

BBBで【デスモセディチRR】を検索

  デスモセディチRRは一見すると大柄な車体に見えるが、乾燥重量は171kgと見た目よりも軽く作られている。

  「デスモにはカーボンパーツがふんだんに使われているんですよ。ボディはもちろんフルカーボン、アッパーカウルのブラケットもカーボンですしエアクリボックスもカーボンです。他にもシートレールを無くした構造にしたり、エンジンカバーをマグネシウム合金にするなど、いろいろな軽量化の技術が投入されています。またパーツ点数が多く、カウルを外すのも一苦労ですね。まさにレースマシンがやってきたという感じです。」

ここでは紹介しきれないほど多くのパーツがカーボンなのだ。驚くべきことにメーターも軽量化されているという。軽量化を究極まで追い求めたまさにレースマシンそのものの思想が伺える

フロントにはオーリンズのリザーバー付きフォークが奢られる

フロントにはオーリンズのリザーバー付きフォークが奢られる

  車体を詳しく見て行こう。フロントフォークはオーリンズの別体タンク付きショックアブソーバーが奢られている。トップブリッジでは、フロントサスペンションの伸び側縮み側が独立して減衰調整できるようになっている。ここら辺はレーシングマシン譲りの装備だ。ちなみにアンダーブラケットはアルミ削りだしになっている。

  「ステップがギザギザタイプになっていますが、これはユーザーの声を反映させて作られたものなんです。」と宮村氏。 なるほど、スペックだけではないユーザー視点のクオリティの高さも窺い知ることができる。

  デスモセディチRRを購入すると付属品もいろいろついてくる。専用スタンド、バイクカバー、マニュアル、車載工具、レーシングデカール。 さらにサーキット専用パーツのレーシングコンピューターとレースマフラーを装着すれば、200馬力超の世界が貴方を待っているのだ。ちなみにイモビライザーの鍵のマークも専用のデザインが施されている。

  「カーボンのリアフェンダーやサイド出しのレースマフラーなんかも今後開発されるみたいですよ」と宮村氏。先々が楽しみなマシンだ。

  デスモセディチRRを購入すると付属品もいろいろついてくる。専用スタンド、バイクカバー、マニュアル、車載工具、レーシングデカール。 さらにサーキット専用パーツのレーシングコンピューターとレースマフラーを装着すれば、200馬力超の世界が貴方を待っているのだ。ちなみにイモビライザーの鍵のマークも専用のデザインが施されている。

  「カーボンのリアフェンダーやサイド出しのレースマフラーなんかも今後開発されるみたいですよ」と宮村氏。先々が楽しみなマシンだ。

  専用スタンドやレースキットなど、かなり豪華なパーツが付属している

  「デスモセディチRRは全くの新規格で作られているマシンです。今までのドゥカティと比べものにならないですよ! 日本には100台程入ってくるそうですが、実は欧州よりも日本で買う方が安かったりするんです。それだけに、納車に2年以上も待っている人もいるくらいなんですよ。」

  今回紹介したドゥカティ デスモセディチRRは残念ながらすでに1500台の限定数が完売。値段的にも800万円以上と気軽に買えるバイクではないが、もし機会があれば一度はお目に掛かっておきたいバイクであろう。

BBBで【デスモセディチRR】を検索

千葉県千葉市稲毛区、国道126号線の両サイドにあるライダースクラブ。一方はカワサキ、もう一方はドゥカティやMVアグスタをはじめとしたイタリアン専門となっている。また、用品類やオリジナルパーツの販売もしており、特にイタリアン系のユーザーにとっては魅力的なモノが揃っている。カワサキもイタリアンも、どちらも「ビッグバイク」のイメージが強いが、まさにそれを象徴するように、用意されている試乗車はZZR1400、ZX-10R、ER-6Nなど。購入を検討している方なら気軽に試乗できる。

≫ 店舗情報詳細はこちらから