ノスタルジックなフォルムのカフェレーサー
この記事をシェアする!

  今回は、東京都練馬区の「バイクショップM&O」さんのバイクを紹介。写真を見て、思いつく車両はホンダのドリーム50? 今回紹介させて頂く車両は「Skyteam ACE125」中国のJiangsu Sacinモーターサイクル社制のバイクになります。

ドリーム50・CR1100のソックリさん スカイチーム ACE125を、さっそく紹介しよう。

BBBで【SKYTEAM ACE125】を検索
Point.1 気になるスペックを公開!
ACE125側面
ACE125正面
ACE125背面
【主要諸元】SKYTEAM ACE125
エンジン空冷4サイクル単気筒2バルブ
排気量124cc
ボア・ストローク56.9mm×49.5mm
出力7.0kw/8500rpm
最高速度85km
イグニッションCDI
スターターセル&キック
変速機形式5段リターン
燃料タンク容量9.2L
Fブレーキディスク
Rブレーキドラム
Fタイヤ2.75-18
Rタイヤ3.00-18
全長×全幅×全高1,910mm×680mm×990mm
車両重量87kg(乾燥)

  前後18インチのホイールを装備しているが、足つきも良く車重も軽いのでく女性ライダーでも安心して乗れるバイクに仕上がっている。燃費は正式発表ではないが30km/Lは可能との事なのでツーリングでも安心だ。

Point.2 ニューモデルも登場!お洒落なラインナップを揃えてます
シルバー&レッド(2015年モデル)

シルバー&レッド(2015年モデル)

シルバー&ブラック(2015年モデル)

シルバー&ブラック(2015年モデル)

カフェレーサーモデル

カフェレーサーモデル(2016年モデル)

※輸入車のため、為替による価格変動が生じる場合がございます。

各モデルの取り寄せにも対応可能との事なので、気になったユーザーは是非店舗に問合せをオススメする。

  最近の車両には無いカフェレーサースタイルのバイクとだけあって、このスタイルに惹かれて遠方から車両を買いに来るお客様も。今回取材させていただいた「バイクショップM&O」さんは東京都で唯一の「スカイチームACEの正規代理店」なので、純正カスタムパーツの取り寄せから、車両トラブルまで対応は万全です。

BBBで【SKYTEAM ACE125】を検索
Point.3 BBB編集部がACE125を調査

  BBB編集部が取材をしてわかった、ACE125の魅力について、写真をたくさん盛り込んでお届けしていきます!

メーター

【メーター】
  とてもシンプルに作られていて、見やすい印象を受けます。

テール周り

【テール周り】
  カフェスタイルのおしりはやはりコレ!シングルシートがとてもマッチしています。

クランクケース

【クランクケース】
  しっかりと刻まれたSkyTeamの文字。かっこいいですね!

純正シングルシート

【純正シングルシート】
  お洒落の為ならシートはいらないと言わんばかりの完成されたシートに仕上がっています。

タンク

【タンク】
  タンクに刻まれたSkyTeamのロゴ。

フロントタイヤ

【フロントタイヤ】
  フェンダー部分が他とはちょっと違いますね。

  少しまたがらせて頂いたのですが、125ccという排気量にも関わらず、しっかりとカフェスタイルを感じさせてくれる、そんな車両に仕上がっておりました。
特にステップは、バックステップを入れたかのような足つきとシングルシートが非常にマッチングしていました!

Point.4 まとめ
天気のいい日は店頭でアピール

  今回は久々のモトギャラリーというのもあり、以前までのカスタムバイクではなく、ACE125というバイクを取材しました。もちろん、今まで通りのカスタムバイクもどんどんお待ちしておりますよ~笑!
このバイクの魅力はお洒落なカフェ仕様のバイクを小排気量で乗れるという所ではないでしょうか?免許の取得も比較的に簡単ですし、もとよりカフェ仕様なのでカスタムも必要なしですね。
ただし、純正シングルシートですので二人乗りは厳しいと思います笑
お洒落なACE125でストリートをかっこよく走りたいという方は、ぜひともバイクショップ  M&OさんにGO!

東京都練馬区にお店を構えるバイクショップM&O。店内には50ccのスクーターをはじめ、数多くの国産車が並んでいる 修理・整備なども得意としているので、ぜひ足を運んでみることをオススメする。

アクセス:練馬区川越街道沿い下り線側または、地下鉄赤塚駅から徒歩10分。