BBB MAGAZINE

  • EnjoyCampTouring!

    2018.02.22 / Vol.25

    - page2 - 藤原かんいちが選ぶ,泊まりたい日本のキャンプ場ベスト20

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    リトルカブ

10位:呼人浦キャンプ場

国道39号沿いの便利な場所にある、網走湖畔の無料キャンプ場で、サイトからは湖の向こうに沈む夕日を眺めることができる。サイトの地面は芝でペグは刺さりやすい。設備はトイレと炊事場とシンプル。歩いて温泉へ行ける。

住所:北海道網走市呼人
TEL:網走市役所観光課 0152-44-6111
料金:無料

9位:潮岬望楼の芝生キャンプ場

本州の最南端、潮岬周辺は広い芝生公園で、その一角がキャンプ場になっている。トイレは道を挟んだ公衆トイレを使用。太平洋が一望できる展望台などにも歩いて行ける。ツーリングライダー人気のキャンプ場。

住所:和歌山県串本町潮岬
TEL:串本町経済課0735-62-0557
料金:無料(夏休み期間やGWなどは有料になる)

8位:大間崎テントサイト

本州の最北端、下北半島の大間崎にある無料キャンプ場。扉の閉まる大型の炊事場は使いやすく、コイン式のガスコンロもある。トイレはウォシュレット付き。周辺に食堂やお土産店があり、北海道へ渡るフェリーターミナルも近い。

住所:青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-1
TEL:大間町役場 産業振興課 0175-37-2111
料金:無料

7位:和琴半島湖畔キャンプ場

屈斜路湖に突き出した和琴半島、湖に沿うようにして広がるキャンプ場。テントのファスナーを開くと目の前に雄大な屈斜路湖がある。ライダーに人気あり。またすぐ近くに無料の露天風呂、有料の湖心荘などがあるので温泉も楽しめる。

住所:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路湖和琴半島
TEL:和琴レストハウス0158-4-2350
料金:大人1泊450円

6位:朱鞠内湖畔キャンプ場

北海道屈指の人造湖、朱鞠内湖の湖畔にあるキャンプ場。とても広く第1サイトは開けた芝生エリア、第2・3サイトは林間エリアになっていて好きな方を選べる。炊事場やトイレは清潔、コインランドリー、有料シャワー室などもある。

住所:北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内
TEL:0165-38-2101
料金:大人1泊600円

5位:平湯キャンプ場

奥飛騨の平湯温泉にある、周辺を木々に囲まれた静かなキャンプ場。標高が高いため夏でも涼しい。歩いて10分のところに、露天風呂が素晴らしい温泉施設「ひらゆの森」がある。近くにコンビニはないので注意。

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯768-36
TEL:0578-89-2610
料金:大人1泊700円+バイク300円

4位:十和田湖生出キャンプ場

十和田湖ツーリングに最適。国道103号沿いの自然林に囲まれた平地にある大型のキャンプ場で、サイトは区画整理され使いやすい。受付が午後5時で閉まるので早めに到着しよう。近くにコンビニはないので注意。

住所:秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字生出
TEL:自然公園財団十和田支部0176-75-2368
料金:大人1泊300円+テント持ち込み200円+バイク200円

3位:みさき台公園キャンプ場

初山別天文台に隣接するキャンプ場。高台にあり開放的な雰囲気、サイトからは日本海に沈む夕日、遠くに利尻富士や天売・焼尻島なども望める。芝生なのでテントが張りやすい。初山別温泉「岬の湯」へ徒歩5分。

住所:北海道苫前郡初山別村豊岬
TEL:初山別村役場 00164-67-2211
料金:無料。近くにあるオートキャンプ場は有料

2位:クッチャロ湖畔キャンプ場

クッチャロ湖に沿って細長く延びたキャンプ場。フリーサイトは平坦な芝生、所々にあるテーブル付きのベンチが便利。湖を眺めながらのんびり過ごせる。近くに入浴施設「はまとんべつ温泉ウィング」。コンビニまでバイクで5分。

住所:枝幸郡浜頓別町字日の出
TEL:北オホーツクランド 0163-42-4005
料金:大人1泊200円

1位:羅臼温泉野営場

知床半島の付け根、羅臼にあるキャンプ場。周辺には豊かな自然が広がっていて、野生のシカやキタキツネが現れることも。徒歩5分の場所に無料の露天風呂「熊の湯」がある。30年前から使っている、北海道で一番好きなキャンプ場!

住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
TEL:羅臼町役場水産商工観光課 0153-87-2126
料金:1人1泊300円(管理運営負担金)

人気コンテンツ