BBB MAGAZINE

  • MotorCycleDays

    2018.04.05 / Vol.55

    - page1 - 特別編:藤原かんいちの、「夫婦で行く沖縄レンタルバイクツーリング前編」

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    グラストラッカー250

今年の冬、関東で雪が降るほど寒かった。天気予報では温かいはずの九州南部でも雪が降っている。とにかく寒いのだ。さすがにバイクで出かけるのも厳しいが、唯一楽しめる場所がある。それは南の島、沖縄! 冬の12月でも最高気温は20度前後、東京より10度も高い。「そうだ、沖縄へ行こう!」LCCなら沖縄行きのエアチケットも安いし、那覇ならレンタルバイク屋もある。そんなわけで25回目の結婚記念祝いを兼ねて、夫婦ふたりで14年ぶりに沖縄へ行くことに決定。夫婦で行く沖縄レンタルバイクツーリングのレポートを前後編2回に分けてお届けします。

01.格安で行く沖縄の旅

ジェットスター

LLC格安航空会社があったから実現した、格安で行く沖縄の旅。今回はジェットスターの成田⇔那覇の便を使用。今回は片道4,990円(プラス手数料他など)とかなり安かった。セール期間は特に安くなるので、こまめにチェックしておくとお得に行ける。

02.夫婦ふたりで行くバイク旅

夫婦ふたり

夫婦ふたりで行くバイク旅は1年半ぶり、沖縄は14年ぶりなのでふたりとも成田空港に着いたときからハイテンションだった。LCCのカウンターは成田空港第2ターミナルから距離があるのが難点だが、その分値段が安くなるのでOK。さあ、出発だ!

03.陽気なシーサーがお出迎え

シーサー

那覇まで約2時間半の旅。モニターがないので映画などは観られないが、妻ヒロコとおしゃべりをしていたらあっという間だった。空港では沖縄らしく陽気なシーサーがお出迎え。気温は成田に比べると10度も温かく、すぐに冬用ジャケットを脱いだ。

04.空港でお昼ごはん

観光ガイド

お腹がすいたのでまずは空港でお昼ごはん。安くておいしそうなお弁当があったので買ってロビーで食べる。そのあとインフォメーションへ行き情報収集。ネットでは気が付かなかった場所のパンフレットを集めたり、那覇の市街地図などを手に入れた。

05.レンタルバイク

プレジャー沖縄

レンタカーと違って一般的ではないレンタルバイクだが、沖縄は別格で那覇市内だけでも10軒以上のレンタルバイク屋がある。また車種も豊富で料金も安い。その中から選んだのがプレジャー沖縄・住所那覇市小禄1205。
WEBサイト:http://pureja-okinawa.com/

06.グラストラッカー250

グラストラッカー250

今回借りたのはタンデム走行を考えて250ccにした。スクーターなどもあったが、少々の悪路も問題なく、ギアチェンジも楽しめる、スズキのグラストラッカー250を選んだ。初めて乗るバイクだが、車体が軽くて足つきも良く運転しやすいバイクだった。

07.沖縄そば

沖縄そば

旅の大きな楽しみのひとつが食事。沖縄で一番よく食べたのが沖縄そば。町中どこにでも沖縄そば屋あり、いつでも気軽に食べられる沖縄食。麺の味は中華そばなのだが、太目でモチモチしていて食感はうどんに近い。鰹と豚をブレンドしたスープが基本。

08.小さな港で休憩

小さな港

小さな港で休憩。島というと小さく思えるが、沖縄本島は南北の長さが100キロ以上とかなり大きい。原付などでもそれなりに移動できるが、ちょっと遠くまで行きたいと思ったときや、高速道路で一気に移動したいときなどを考えると250ccがベストだと思った。

09.あちらこちらで猫

猫

沖縄では野良猫か飼い猫かわからないが、あちらこちらで猫の姿を見かけた。特に港の周辺は餌がもらえるらしくたくさんいて、人懐こい猫たちがヒロコの周りにどんどん集まってきた。こんな何気ない時間に沖縄を旅している実感が湧いてくる。

10.実は天ぷらも沖縄名物のひとつ

「もずく」の天ぷら

意外と知らない人が多いと思うが、実は天ぷらも沖縄名物のひとつ。これは「もずく」の天ぷらで、関東などではほとんど見かけない珍しい天ぷら。外側カリッと中身はふんわりしている。噛むともずくの甘さが口の中に広がる。大満足の味だった。

人気コンテンツ