BBB MAGAZINE

  • 藤原かんいち電動バイク世界一周

    2007.11.02 / Vol.22

    電動バイク世界一周の旅 総集編 part1 『ヨーロッパの食事情 』

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    パッソル

VOL.22 総集編 part1 『ヨーロッパの食事情 』[ヨーロッパ大陸編]

藤原かんいちの冒険ツーリング

2004年3月にスタートした「電動バイク世界一周の旅」。アメリカ、オーストラリアに続いて3大陸目となるヨーロッパも順調に旅を続け、2005年11月ついに横断を達成した。
今回はヨーロッパの総集編パート1として、道中の"食生活"を振り返る。いくつもの国が複雑に入り組んだヨーロッパは、国ごとに食事情も微妙に変化する。ヨーロッパではどんな食べ物が人気があり、ふたりは何を食べていたのか!? 大公開!!

ポルトガル

イワシの塩焼き
出てきた瞬間「おおおっ、これイワシの塩焼きじゃん!」と叫んだ(ポルトガル)

海に面しているからだろう、ポルトガル人は魚をよく食べる。欧米人は肉中心と思っていたので、これには驚いた。とにかく、レストランのメニューでも一番上に魚料理が書かれているくらいポピュラーなのだ。特に印象に残っているのが"イワシの塩焼き"。これはどこで食べても、脂がのっていておいしかった。これで白いゴハンがあったら最高!

スペイン

ガスパチョ
これがスペインでよく飲んだ冷たいスープ"ガスパチョ"(スペイン)

おいしい郷土料理が豊富なスペイン。日本でも"パエリア"や"タパス"等が有名だが、食べ物はどれもおいしかった。僕のお気に入りはメニュー(定食)の前菜によく出て来る"ガスパチョ"。冷たい野菜スープなのだが、まろやかな味で一度食べると癖になるおいしさだった。また、日本では高いさくらんぼが安いので飽きるほど食べた。

アンドラ

ピレネー山脈の山の中にある小さな国。1泊のみだが"パン"がおいしかったかな!?

フランス

バルセロナの市場
新鮮な海の幸がズラリと並ぶバルセロナの市場(スペイン)

ヨーロッパの代表といえばフランス料理。高級レストランは敷居が高くて入れないが、メニューが10ユーロ(約1350円)程度で食べられる店には何度か入った。そんな金額でも食べてみると、ムニエルや白身魚のムースソース等どれもが唸るくらいおいしかった。さすが「フランス!」と納得。また本場のフランスパンも絶品だ。

イギリス

おいしい料理が少ないイギリス。オーストラリアでよく食べた"フィッシュ&チップス"はイギリスが本場。確かにおいしいが白身魚とジャガイモを揚げているだけ、料理とはいえない。他に豪華な朝食も有名だがベーコン、ポテト、卵を焼いてるだけだし...。だた、コンビニやスーパーにある惣菜やインスタント食品はとても充実していた。

ベルギー&オランダ

出前一丁
外国では日本では売っていない出前一丁が食べられる(オランダ)

この両国でよく食べたのがファーストフードの"フリッツ"。いわゆるフライドポテトなのだが、フリッツは二度揚げてしているので外側はカリカリ、中はフワフワ! それにマヨネーズやケチャップ、カレーなどのソースをかけて食べる。さらに玉ネギのみじん切りをのせるところも。他に春巻きなどの揚げ物などもよく食べた。

ドイツ

ドイツといえばソーセージ! 道路沿いや駐車場にある"インビス"と呼ばれる屋台等で何度か食べた。焼きたてのソーセージにマスタードなど何もつけず、パンと一緒にそのままガブリとやる。プリプリした食感がたまらない。

スイス&ルクセンブルグ&リヒテンシュタイン

この3国は物価が高くレストランには入れなかった。苦しいときの神頼みのマクドナルドの"ビックマックセット"でさえ1000円もするのだからたまらない。そんな訳で自炊か、スタンドで"サンドイッチ"を買い食いすることが多かった。他にトルコ人がやっている屋台や軽食店で売っている"ドネルケバブ(トルコ風焼肉)"にもお世話になった。

イタリア

ピザ
"ピザ"は僕の大好物のひとつ。何枚でも食べられる(イタリア)

気軽に食べられる"ピザ"は日本のラーメン、アメリカのハンバーガー的な存在だ。チーズとトマトソースとシンプルだが、その中においしさがギュッと詰まっている。どこで食べてもおいしかった。"スパゲティー"は基本的にコースの1皿目なので、それだけを食べるのは意外と難しい。だがどうしても本場のスパゲティーを食べたかった僕たちは必死に"スパゲテリア"を探した。そこで食べたボンゴレは気絶しそうなほどうまかった。

スロベニア

隣のイタリアの影響を受けているためイタリアンが多い。特にピザはポピュラーでよく食べた。後はリュブリャーナで食べた2種類のハムが入った"カツレツ"も絶品だった。

クロアチア

印象に残っているのが羊と豚の丸焼き。レストランの前には必ず焼き場があり、丸焼きがクルクル回っている。特に味付けはしていないので味は素材そのもの。焼きたてはやわらかくておいしいが、時間が経ったものは...?

ボスニア・ヘルツェゴビナ

イスラムの影響を受けているので"ドネルケバブ"が食べられる。また、ハンバーグとソーセージを足して2で割ったような肉料理"チャバブチチ"もプリプリ食感でおいしかった。

セルビア・モンテネグロ

ザク切りのトマト、きゅうりの上に大きなチーズをのせた"ショプスカ・サラダ"はヒロコのお気に入り。安い屋台のハンバーガーもある。意外とゴハンもよく食べる。

ルーマニア

物価が安いのでレストランに入っていた。ニンニクと酢が効いた臓物のスープ"シュケンベ・チョルバ"は僕の大好物。量も多く、それとパンだけでおなかがいっぱいになる。

ブルガリア

カバァルマ
この"カバァルマ"はまるで親子丼のような味だった(ブルガリア)

首都ソフィアでは"中華料理"が食べられるので毎日通っていた。それも山盛りのチャーハンや焼きそばが1皿200円で食べられるのだから、夢のよう。郷土料理もおいしくて肉と野菜を炒めた"カヴァルマ"はふたりのお気に入りだった。

セルビア

ハンバーガーなどのファーストフードが意外と充実していたが味はいまひとつだった。

ギリシャ

ドネルケバブ
"ドネルケバブ"屋が増えると中近東に近づいているんだなと感じる(ギリシャ)

どこでも気軽に食べられるのが"ピタ"。削いだケバブの肉と刻みトマトと玉ネギを薄いパンで巻いたファーストフードで、これが安い、早い、おいしいと三拍子揃っている。豚、チキン、ビーフでは豚がおすすめ。魚料理も良く食べる。

取材・文/藤原かんいち&ヒロコ

人気コンテンツ