カワサキ 250TR カスタム
この記事をシェアする!
カワサキ 250TR カスタム

  気軽に乗れる250ccクラスのストリート系、特にシングルに限って言うと、まずTWやFTRが思い浮かぶだろうが、今や250TRの存在も見逃せない。同じカワサキにはベースとなったエストレヤもラインナップするものの、こちらはすでにノスタルジックな雰囲気が完成している。ビンテージオフロードのスタイルを持つ250TRなら、自分の好みにカスタムしていく余地がまだまだ残されている。そんな250TRをライダースクラブではブラックにまとめてみた。オリジナルペイントにも対応する同店なら、好みのカラーに仕上げていくことも可能だ。

BBBで【250TR】を検索
250TRのタンクはブラック

黒でまとめられた外装は、引き締まった印象をあたえる

純正カラーのブラック(エボニー)ではオレンジのストライプ&ロゴが配されるが、真っ黒にペイントされたタンクで、さらに引き締まった印象を受ける。

車体カラーは、ユーザーの好みのカラーでオリジナルペイントが可能。フレームをブルーやレッドにペイントした250TRも店頭に並んでいるので、気になる方は、一度ショップに足を運んでみるといいだろう。

メッキパーツ

メッキパーツやシート変更により、バランスの取れたカスタムとなっている

外観へのカスタムは塗装だけに留まらない。フェンダーはフロント、リアともにホワイトのプラスチックタイプのものから、高級感あるアルミのメッキフェンダーに交換している。これにより、エストレヤやW650/W400の雰囲気さえ感じさせる。合わせてシートもナイトロヘッズのパイソンスムースシートに変更した。

ハンドルは純正のブリッジ付きタイプのものからバータイプに変更。メーターにはホワイトパネルの140km/hミニメーターを装着する。

スーパートラップ

ライダースクラブオリジナルのスーパートラップ

エンジンはノーマルのままだが、もちろんマフラー交換はされている。とはいえ単純に市販マフラーを取り付けたわけではない。このマフラー、なんとライダースクラブオリジナルのスーパートラップなのだ。

250TRのリアビュー

電装系もスマートに変更を

電装系ではクリアタイプのミニウィンカー、ブレーキランプはデイトナのムーニーテールランプキット、小型ながら明るさを損なわないマルチリフレクタータイプのベーツライトに交換され、各パーツを小型化している。これによりフロントビュー、リアビューともにすっきりとした印象になった。

BBBで【250TR】を検索

千葉県千葉市稲毛区、国道126号線の両サイドにあるライダースクラブ。一方はカワサキ、もう一方はドゥカティやMVアグスタをはじめとしたイタリアン専門となっている。また、用品類やオリジナルパーツの販売もしており、特にイタリアン系のユーザーにとっては魅力的なモノが揃っている。カワサキもイタリアンも、どちらも「ビッグバイク」のイメージが強いが、まさにそれを象徴するように、用意されている試乗車はZZR1400、ZX-10R、ER-6Nなど。購入を検討している方なら気軽に試乗できる。

≫ 店舗情報詳細はこちらから