カワサキ KSR110 カスタム
この記事をシェアする!
カワサキ KSR110 カスタム

  今となっては「スーパーモタード」の方が定着しているが、このKSRシリーズやさらに前のKSシリーズが登場した頃は「スーパーバイカーズ」と呼ばれていたこのカテゴリー。ミニスーパーバイカーズの代名詞であるKS・KSRシリーズは、当時も今もこの分野でのパイオニアと言える。4スト化が進む中、2ストのKSR-2から4ストのKSR110へとスイッチしても、その人気は衰えることを知らない。正規ディーラーのライダースクラブが提案するKSR110の楽しみ方のひとつがこのマシン。カスタム車であることをさりげなく出しているところが大きなポイントだろう。

BBBで【KSR110】を検索
カワサキKSR110 カーボン調パーツ

カーボン調のパーツを使って引き締まったイメージになっている

すでにミニスーパーバイカーズというスタイルで出来上がった感のあるKSR110だが、まだまだ手の入れようはある。今回紹介するKSRは、ビキニカウル、フェンダー、シートカウル等といったボディパーツがカーボン調のものに交換され、スポーティーかつシックにまとめたKSRカスタムのお手本となるカスタムが施されている。

ブルーチタンのマフラー

マフラー&ボアアップでパワーは大幅向上

このKSRの外観でパッと目を引くのはブルーチタンのサイレンサーに違いない。この鮮やかなブルーチタンのマフラーは、ビートのニューナサートR。見た目だけでなく性能も良く、JMCA認定とあって音量を気にする必要もない。

エンジン関係は、ミニバイクのカスタムでは外せないSP武川のパーツを選択。少々アンダーパワーな4スト110ccエンジンはボアアップされ、ビッグキャブを装着。かなりのパワー向上を果たしている。

ハイドロクラッチコンバージョンキット

マニュアルクラッチ&6速クロスにより、シフト操作に面白みが

パワーアップせずとも、どうしても気になってしまう自動遠心クラッチ。本来は便利なシフト機構ではあるが、スポーティな走行には向いていないのも事実だろう。ここに関しては、ハイドロクラッチコンバージョンキットでマニュアルクラッチ化している。さらに、ミッションは6速クロスとし、シフトチェンジが楽しいマシンとなっている。

KSR110 フロントフェンダー

フロント周りは、スタイリッシュなビキニカウル(ライトカウル)、純正のアップフェンダーからダウンフェンダー化などにより、昨今流行しているスーパーモタードの雰囲気を強調している。

ラジエターシュラウドやシートカウルもカーボン調にし、かつブラックを強調することで、カスタム感の高いマシンに仕上げている。

BBBで【KSR110】を検索

千葉県千葉市稲毛区、国道126号線の両サイドにあるライダースクラブ。一方はカワサキ、もう一方はドゥカティやMVアグスタをはじめとしたイタリアン専門となっている。また、用品類やオリジナルパーツの販売もしており、特にイタリアン系のユーザーにとっては魅力的なモノが揃っている。カワサキもイタリアンも、どちらも「ビッグバイク」のイメージが強いが、まさにそれを象徴するように、用意されている試乗車はZZR1400、ZX-10R、ER-6Nなど。購入を検討している方なら気軽に試乗できる。

≫ 店舗情報詳細はこちらから