BBB MAGAZINE

  • EnjoyCampTouring!

    2016.08.29 / Vol.09

    GO!キャンプツーリング 青野原編

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

日差しを遮る木の下にテントを張る
日差しを遮る木の下にテントを張る。キャンプツーリングはシンプルで奥が深い。
青野原キャンプ場
青野原キャンプ場はこんな場所にある。まさに都内から1時間半にあるパラダイス。

夏と言えばアウトドア!山へ、海へ、川へ、湖へ!どこへ行っても楽しいですよね。そしてキャンプのベストシーズン。もちろんツーリングにも最適、ということで夏はキャンプツーリングにピッタリな季節なのです。ということで今回も出かけます!場所は都内から激近の神奈川県相模原市、道志川沿いに沿ってゴキゲンなキャンプ場が点在するエリア。今回は誰でも簡単に楽しめる、超お身軽キャンプツーリングです!

1.久しぶりの晴れを狙って

自然が広がっていた
中津川で河原遊びをしてから、のんびりと川の上流にある宮ケ瀬ダムへ向かった。

今回も引き続き相棒はドゥカティ・スクランブラーSixty2。排気量は400cc。800ccに比べるとエンジンフィーリングはかなり扱いやすくなっています。800ccはコンパクトな車格にトルク&パワーのあるエンジンを載せているので走りはかなり個性的、乗りこなすのにコツが必要だったが、Sixty2は車格とエンジンパワーのバランスがいいので疲れない。それぞれ好みがあると思うが、僕は日本をツーリングするならSixty2の方が向いている気がする。どちらにしてもバイク本来の操る楽しさを持ったバイクであることは間違いない。
この夏は不安定な天気が続いたこともあり、なかなかツーリングに出るチャンスがなかった。時間が作れるときは天気が悪く、やっといい天気になると思った日は家で原稿書きだったり...、なかなか思うようにいかなかった。それが原稿を書き終えた翌日の天気予報が久しぶりの「晴れ」マーク! 「こりゃ、行くなら、明日しかないぞ!」ということで、テントや寝袋などをバックに詰め込み、ベッドに入った。

起きて窓を開けると久しぶりの青空!やった。しかし、今回はあまり時間が取れないのでキャンプ地は近場にして、その周辺の道をあちこち走り回ってみることにする。そんな理由から今回の目的地は神奈川の「青野原オートキャンプ場」に決めた。道志川の河原にあるキャンプ場で、都会に近い割には料金も安く、管理もゆるい感じで、バイクミーティングで何度か使ったことがある。しかし、最近はすっかりご無沙汰で、行くのは7~8年ぶりになる。

2.中津川から宮ケ瀬ダムへ

スクランブラー
スクランブラーならこんな道でもへっちゃらで入って行ける

もちろん今回は全行程下道オンリー、距離もないのでのんびりとSixty2を走らせた。いまは8月下旬、まだまだ残暑が続いている。高田橋で相模川を越えてさらに西へ行くと中津川が現れる。相模川に比べると川幅が狭く、自然がたくさん残っている。河原へ降りられる道を見つけ入って行くと、川に沿って細いダートロードが延びていた。どこまで続いているのかな?と思い入って行った。デコボコの路面が気持ちいい。先を急いでいるとこんなことはできない、寄り道はやっぱり楽しい。結局、ダートロードは橋の下で途切れていた。仕方なくそこでUターン。シート高の低いSixty2なら、切り返しも安心だ。

道志みち
道志みちは人気のツーリングルート。たくさんのバイクとすれ違った。
花を眺める
先を急いでばかりではなく時にバイクをとめて、花を眺める余裕くらいは欲しい。

中津川を遡って行くと。巨大なダムにぶつかった。宮ケ瀬ダムだ。2000年に完成した首都圏最大級の重力式コンクリートダム(コンクリート使用量日本一)で、神奈川県民の重要な水がめになっている。トンネルをいくつか抜けると右手に『ダムサイトエリア』が現れる。バイクで入って行き駐車場にバイクを停める。ダムと湖が眺めを楽しみ、ついでに「水とエネルギー館」に入って休憩する。ここはエアコンが効いているので、少し体を休めてから先へ向かった。

夏空らしい入道雲
坂道を登り切ると、山々の向こうに夏空らしい入道雲が浮かんでいた。
宮ケ瀬ダムへ向かう
宮ケ瀬ダムへ向かう道は短いトンネルが連続する。

宮ケ瀬湖に架かる「やまびこ大橋」を渡ると大噴水や水の郷商店街のある『宮ケ瀬湖畔エリア』が右手に見えてくる。湖畔のスポットではここが一番賑やかで、商店街のほかに、噴水の公園があり遊覧船もここから出ている。

『オレンジツリー』のチキンのコンフィ
森のカフェレストラン『オレンジツリー』のチキンのコンフィはおすすめ。

虹の大橋を越えて、湖畔にある3つ目の休憩ポイント『鳥居原エリア』へ。ここはライダー憩いの場という感じで、いつ来てもバイクが留まっている。今日も平日だというのにバイクが7、8台止まっている。ここは高台にあるため眺めがよく、宮ケ瀬ダム全体が見える。関東の水不足がニュースで騒がれているが、ここ宮ケ瀬ダムの貯水量も明らかに少なかった。宮ケ瀬ダムのランチと言えば、やはり森のカフェレストラン『オレンジツリー』のチキンのコンフィだろう。自然の中で食べるランチは格別だ。

人気コンテンツ