BBB MAGAZINE

  • MotorCycleDays

    2016.09.01 / Vol.36

    高速道路&各SAPA停車の旅...その⑤

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    DRAGSTAR1100CLASSIC

高速道路&各SAPA停車の旅...その⑤(Vol.36)

ヤマハDSC11写真01
ヤマハDSC11写真02
ヤマハDSC11写真03

鉄道マニアの日本の鉄道全駅下車の旅をきっかけに始めた、高速道路全線走破(沖縄を除く)&各SAPA停車の旅。最初はどうなるかと思いながらスタートしたが、様々な苦労やトラブルを越えて1万4000キロを走行。ここまで全国556カ所のサービスエリアとパーキングリアを訪問した。九州の高速道を全て走り終え、再び本州へ戻ってきた。途方もない高速の旅のゴールがいよいよ見えてきた。

1.「ちょっと!」

沼田PA上のお好み焼き
沼田PA上のお好み焼き

昨日から降っている雨は今朝も止んでいなかった。雨装備でホテルを出発、下関ICから中国道に入る。下関JCTから山陰道を走るため宇部方面へ。周防灘PAの「展望台」、関門橋が見えるということで行ってみたが、何度目を擦っても真っ白で何も見えなかった。宇部東ICで折り返し、そして再び自然豊かな中国道へ。交通量が少なくトイレだけのPAと食事のできるSAに立ち寄るが、どちらも閑散としている。これで採算取れるのかな?と余計な心配をしてしまった。

「ちょっと!」

後のヒロコが僕の体を大きく揺さぶった。筒賀PAの入口が目前にある。「やばい!」慌ててウインカーを点け、PAに入る。「良かった、間に合った...」と胸を撫で下ろす。今日の宿泊地のことを考えていたら、いつの間にか別のところへ意識が行っていた。ヒロコがいなかったら確実に通り過ぎていた、ヒロコ様、感謝です。

ヤマハのDSC11をBBBで検索

高坂PA上の尾道ラーメン
高坂PA上の尾道ラーメン

沼田PAに入ると、大きな鉄板の上でおいしそうなお好み焼きががジュージューと音を立てていた。まさか、高速のPAで本格的な広島お好み焼きが食べられるとは思わなかった。ヒロコとふたりで大興奮。食べるとほっぺたが落ちそうなほどうまかった。「うどん」入りにしたが、これがお好み焼きとよく合う。雨の中を頑張ってよかったと心から思う。
広島市内から広島高速を経由して山陽道へ。西日本のメインルートだけあって交通量が多く、巡航速度も速い。釣られてオーバースピードにならないように注意する。
広島のSAPAはどこも「尾道ラーメン」があった。いつか食べようと思いつつ、県境近くまで来てしまったので、高坂PAで食べることにする。スープが黒いので「しょっぱいのかな?」と思ったら意外とあっさり。濃い目の味付けに飽きていたヒロコは大喜びだった。

2.「伯方の塩」と「いよかん」

しまなみ海道を行く
しまなみ海道を行く

福山西ICで一度高速を降り、一般道を少し走って西瀬戸道に入る。大きな橋が連続、入江を囲むように美しい家並みが並んでいる。幾重にも重なる瀬戸内海の島々、情緒のある美しい風景が広がる。ここは「伯方の塩」と「いよかん」が名物。塩味の「しおなみソフト」いよかん味の「いよかんソフト」で迷っていると、ミックスがあったのでそれにする。食べてみると味が複雑過ぎて、うまいのかまずいのかよくわからなかった(笑) やっぱり何事も欲張りすぎはいけないと、反省する。
しまなみ街道のSAPAには必ずある「たこ天丼」を瀬戸田PAで食べると、これがむちゃくちゃうまかった。プリプリと歯ごたえのある「たこ天」の食感と、ふっくらとした衣の組み合わせが最高。さらに次のPAで「たこ串天ぷら」も食べる。「しまなみ街道」はまさに食べまくりの旅となった。

福石PA上のバイクパーキング標識
福石PA上のバイクパーキング標識

倉敷を出発。梅雨も今日は中休み、久しぶりに気持ちのいい青空が広がっている。最初に立寄った吉備SAは人工の林や小川が造られ、林にはカブトムシやホタルなどの昆虫、小川にはサワガニや小魚が棲み、自然と触れ合えるようになっていた。SAも日々進化している。福石PAのバイク駐車場のイラストは珍しく「オフロードバイク」だった。600箇所近くのSAPAを回ってきたが、オフ車は初めて。小さな発見に顔がほころんだ。

吉備SA上の自然ふれあい広場
吉備SA上の自然ふれあい広場

三木JCTから神戸淡路鳴門道へ向かう。トンネルをいくつか抜けると、巨大な明石海峡大橋が見えてきた。「おおっ、明石海峡大橋だ!」「やっぱり、すごいね!」バイクの上で大興奮する。橋がアーチ状になっているため、まるで空へ向かって飛んでいるようだ。しばらくすると大きな観覧車が見えてきた。淡路SAは高台が展望台になっていて、眼下に壮大な風景が広がっていた。明石海峡、その向こうに明石と神戸の街が広がっている。これぞ絶景。目の覚めるようなパノラマに大感激した。

人気コンテンツ