BBB MAGAZINE

  • EnjoyCampTouring!

    2016.08.29 / Vol.09

    - page2 - GO!キャンプツーリング 青野原編

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

3.大賑わいのキャンプ場に到着

うろうろする野良猫
商店街をうろうろする野良猫を発見。追いかけっこの末、写真撮影に成功
晴れた日
天候が安定しない時期が続いていたが、晴れた日を使ってキャンプツーリングへ。
宮ケ瀬の『ダムサイト』
宮ケ瀬の『ダムサイト』は他のバイクはなく貸し切り状態だった。

山を一つ越えて国道413号へ出ると、『青野原オートキャンプ場』はすぐそこ。看板に沿って脇道に入り、急こう配の坂道を下ると見えてくる。受付に年配の女性が3人、楽しそうに仕事をしている。ここは大人、テント、バイクそれぞれの料金があり、全部をプラスした金額を払う。広い河原を整備して作られたキャンプ場で、サイトはA~Fまで6エリアある。入って行くと川に沿ってずらっとテントが並んでいる。さすが夏休みの時期だけあってほとんどがファミリーキャンパー。残念ながらバイクは僕ひとりのようだった。

『鳥居原エリア』
宮ケ瀬湖の北部にある休憩ポイント『鳥居原エリア』にはお土産を売る店がある。
センターラインに雑草が生えていた
狭い県道、走る車がかなり少ないようでセンターラインに雑草が生えていた。
青野原オートキャンプ場
広々としたサイトが人気の青野原オートキャンプ場。春は桜が咲く。

テントサイトから川がすぐにあるので、水着の子供たちが嬉しそうに敷地内を駆け回っている。木陰の一角に開いているスペースを見つけ、テントを張る。日差しは暑いが、木陰の下に入ると意外と涼しい。少しずつ秋が近づいていることを実感する。ひと休みをしてから、狭い県道を使って相模湖へ向かった。車の通りはほとんどなく道も激狭、ものすごい山奥を走っているような気分になる。
30分ほどで相模湖に到着。新しくできた宮ケ瀬湖と違って、長い歴史を持っている相模湖が完成したのは約70年前(1947年)。当時の工事は難航、多くの工事殉職者が出たことで知られている。こちらの湖畔は賑やかで、湖畔にはいろんな種類のボートが並んでいる。さすがにひとりでボートを漕ぐに気にはなれないので、今回は眺めるだけにしておく(笑)。

テントスペースを見つけた
夏休みはファミリーキャンパーがいっぱい。ようやくテントスペースを見つけた。
相模湖
神奈川県のダム湖の中でも特に相模湖はアクセスがいいので観光客が多い。
懐かしいスマートボール
相模湖のゲームセンターの中で懐かしいスマートボールを見つけた。

湖畔にはゲームセンターなどもあり明るい雰囲気。ただ、年式はかなり古そうだ。商店街にお土産屋が並んでいて、その一角にゲームセンターがあった。昔の温泉街によくあった射的場があり、その奥にはスマートボール場があった。小学生らしき子供が楽しそうに遊んでいる。さらに奥へ行くと、小中学生時代によく遊んだ、懐かしいピンボール台があった。張り切ってやってみたが、機械の動きが悪くなっていて、あっという間に終わってしまった(笑)。

4.キャンプ場の周辺をバイク探索

赤い花が咲いてきた
バイクを停めると足元に赤い花が咲いてきた。少しずつ季節は動いている。

国道20号を走って奥相模湖へ。こちらは湖畔の両岸は切り立った急斜面、バイクで湖畔へ近づくことはできなかった。県道76号で青根方面へ向かう途中、露天風呂が人気の『藤野やまなみ温泉』がある、汗を流しさっぱりしたい人にはもってこいの温泉だ。

道志ダム
初めて訪れた道志ダム。深い山の中にありいい雰囲気だった。

さらに進むと緑の森の中に、突然古びたダムが現れる。道志川ダムだ。コンクリートがいい感じで汚れていて、レトロな雰囲気。なかなか絵になるダムだった。適度なカーブが連続するワインディングでゆっくり走り走っていると、猛スピードのバイクが3台、追い抜いて行った。バイクの楽しみ方はいろいろだけど、事故には気をつけろよ~! 緑の道を走り抜けると再び国道413号に出た。
ここまで来たら青野原オートキャンプ場も目と鼻の先だ。遠くを目指すことばかりがツーリングではない。時にエリアを近場にして走ってみると、意外と今まで見ていたのに気が付かなかったものが見つかったり、ひとつ違う道に入っただけで違う風景が広がっていたりするもの。ぜひ、次の週末は、おなじみのエリアを時間をかけて、キャンプツーリングで訪れてみませんか!?

キャンプ場ガイド

「青野原オートキャンプ場」

場所:神奈川県相模原市緑区青野原918-1
TEL:042-787-0477(電話受付8:00~17:00)
WEB:http://www.aonohara-acl.jp/
期間:3月〜11月
料金:入場料1人大人500円、子供(小・中学生)200円
バイク1台100円 テント(小サイズの場合)100円
(例)大人1人&バイク&小テントで1泊2日の場合1000円+200円+200円=1,400円
バイク乗入れ:OK

青野原オートキャンプ場の管理棟
炊事場とトイレ
自動販売機、シャワー室もある
炊事場は4カ所、トイレは3カ所
キャンプ場の横を流れる道志川
藤野やまなみ温泉

人気コンテンツ