BBB MAGAZINE

  • 全国「旅ごはん!」バイク紀行

    2010.05.25 / Vol.05

    グリルオーツカのハントン風ライス(石川県金沢市)

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    リトルカブ

能登半島
能登半島は所々に絵になりそうな、いい雰囲気の家並みが残っていた。

ついにツーリングシーズン到来!みなさん、次の休日はどこへ行こうか? ワクワクソワソワ...仕事が手に着かない、妄想の日々がこれからしばらく続きそうですね。くれぐれも仕事に支障が出ないように気を付けてくださいね〜! そんな休日ツーリングが待ち遠しい、ライダーの胃袋を全面的にサポート応援するのが「旅ごはん」。

今年の春先は寒くて、信じられないことに4月中旬に雪が降るなんて事もありましたが、4下旬にもなれば全国どこでも大丈夫。ならば、これまで寒くてなかなか行けなかった日本海、北陸に行くことにしました。

輪島の朝市
輪島の朝市は有名。地元女性達の威勢のいい声が行き交い賑やかだった。

北陸といえば海の幸が定番だが、旅ごはん的には普通すぎて面白くない。そこでいろいろ調べていくと、石川県金沢市に"ハントン風ライス"なる名物グルメが存在することがわかった。百聞は一食に如かず「こりゃ食べてるしかないでしょ!」

といっても相棒はいつものリトルカブ、一気に高速道を大移動できないので、あちこち寄り道をしながら日本を縦断するようにして北陸へ向かった。山々の木々はまだ葉を付けおらず、風景は冬のように寒々しい。さらに金沢へ行く前にツーリングポイント満載の能登半島を一周。10年以上訪れていなかったのでかなり久しぶり振りです。厳門、世界一長いベンチ、輪島の朝市、見附島、恋路海岸...などなど自然の変化豊かな半島を巡り歩くと、いよいよ金沢。

千枚田
美しく雄大な千枚田。これまで見てきた棚田の中でもダントツのスケール!

内に入ると偶然、観光案内所を発見した。ハントンの事を尋ねると「それなら、グリルオーツカがいいですよ。一番のおすすめです。ここが元祖の店ですからね...」地図で行き方を指で示しながら、親切に教えてくれた。来る途中に見たホテルのレストランで"ハントンライス・フェア"をやっていたが、やはり元祖を食べてみたい。

メニュー
他の内容も気になりますね。特にドリアン風タンバルライスが気になる。

賑やかなバス通りから狭い通りに入って行くと、静かな住宅地のような雰囲気になった。こんなところに店があるのかな?と思いつつ進んで行くと小さな建物に小さな看板が見つかった。一瞬、ここが本当にレストラン?というくらいシンプルな外観だ。ドアを開けると年輩の女性が優しくニッコリ微笑んだ。白壁の落ち着いた洋館風の店内、どこか昭和の匂いがする。

手前に厨房があるようで、案内された奥がダイニング。いろんなサイズのテーブルが6つ並んでいる。お客さんは他に3組。家族連れ、OL風の女性、男子大学生と父親と年齢も性別もバラバラ。万人向けということかな?しかし、午後4時という中途半端な時間にも関わらず、これだけ入っているということは人気があるんだな。

棚
庶民的な雰囲気の棚があった。地元の人たちに愛されているんですね。

メニューを見るとステーキ、ハンバーグ、グラタン、カレー、サンドイッチなど定番の洋食は一通り揃っている。僕が注文するのは、もちろんハントン風ライス。待っていると次々にお客さんが入ってきて、全テーブルが埋まった。聞いていると後から来た人は全員ハントンを注文。観光客ではないようだが、みんな目的は同じらしい。

金沢名物ハントン風ライス
これが金沢名物ハントン風ライス。洋食好きにはたまらない内容です!

店内の一角に家のあるような食器棚がありマンガの本が並んでいる。マンガを読みながら待っていると、20分を過ぎてようやく料理が運ばれてきた。重量感ある銀皿が昔の洋食屋らしい。けっこうボリュームがある。

さてハントン風ライスがどんな物かというと。早い話がオムライスの親戚みたいな料理ケチャップライスの上に卵焼き、その上にフライが載っている。白身魚のフライが一般的らしいが、オーツカはさらにエビフライも乗っている豪華版。その上からトマトソースとタルタルソースがトロ〜リかかっている。カラフルでおいしそう。食べ物は見た目も肝心だからね。

「いただきま〜す!」

休憩
時にはバイクを止めてちょっと休憩。海から吹き付ける潮風が気持ちいい。

うーん♪予想通り、おいしい!初めて食べるのにどこか懐かしい味。基本的に僕はトマトソースが好きなのでどんどん進んで行く。フライも衣がサクサクしていておいしい。結構ご飯の量がある。女性だとちょっと多いかな〜という感じだが、ハラペコ男だったら大満足。

基本おかずはレバーカツだけなのに、なぜかごはんがドンドン進む。あっという間に完食となった。ごちそうさまでした!!

ハントン風ライス。名前の由来は「ハン」がハンガリー語(ハンガリーに同じような料理がある)、「トン」はフランス語のマグロらしい。昔はマグロのフライを使っていたということか?

東尋坊
東尋坊も人気スポット。奇岩と日本海が織りなす豪快な風景を堪能しよう。

特別新しい味ではないけれど、洋食が好きで、お腹いっぱいにしたいという人にはおすすめだ。まだまだ知らない人も多いと思うので、旅話のネタのひとつとして食べてみては?また金沢周辺は、能登半島を始め少し足を延ばせば東尋坊、白川郷などツーリングおすすめの場所がたくさんあります。ハントンと絡めてぜひ、北陸ツーリングへ出かけましょう!

ゴーゴーカレー
ゴーゴーカレーは東京にも進出しているが、本拠は石川県金沢市にある。

おまけ。実は石川県には他にも"ゴーゴーカレー""8番ラーメン"など地元グルメのチェーン店が結構あるんですよ。この2つは国道を走っていると目に付くので、ぜひこちらも一度お試しあれ。

8番ラーメン
8番ラーメンは国道沿いにたくさんある。コシの強いちぢれ麺がおいしい。

かんいち的採点表

あじ:

ボリューム:

値段:

ハントン風ライス 750円(税込)

~今回の旅ごはんinfo~

グリルオーツカ
住所:石川県金沢市片町2-9-15
TEL: 076-221-2646
定休日:水曜日

ハントン風ライス

人気コンテンツ