BBB MAGAZINE

  • 大人のたしなみとしてベスパに接してみよう!

    2018.10.19 / vol.52

    - page2 - ワールドワイドにベスパでRUN #7

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    隅本辰哉

    • カメラ

    土田和寛

    • バイク

    Vespa

アトラクション的にバンピーな乗り味で楽しい

エッフェル塔
ツアーはエッフェル塔が起点なので
イエナ橋周辺へ行ってみよう

遊園地にある乗り物に乗って動き出すのを待つワクワク感……そんな気持ちからツアーがスタートです。走り出すとすぐ、速度を上げていくためにシフトチェンジします。この時の変速音やエンジン音がベスパそのもの。ただし力強くしっかりと走って行く様と太めの排気音はさすがに大型のアペだなといった印象で、日本に正規輸入されていた50ccカーゴモデルとの違いを感じます。

それから走り出して感じたのが、思った以上に乗り心地が悪いということ(笑)。後部座席のクッションは十分に役目を果たしているのですが、タイヤからサスペンションを介して車体に来る揺れが大きい印象でした。乗った事はありませんが、まるで映画で見る馬車にでも乗ったような気分と表現したい程(笑)。ちなみに別の日に自動車で同じ場所を運転してみましたが、それは車両の性能と言うよりも石畳が多く残るこの町の特徴なのだと実感しました。

さて、各スポットを巡り、予定されている見どころで止まっては記念写真タイム。そんな流れのままエッフェル塔を横目に見つつ、いよいよ凱旋門へと差し掛かります。四方から集まる道路を通って、多くの自動車が凱旋門の周りを走り、それぞれの行きたい方向に抜けていくとても大きなラウンドアバウト。時折、自動車同士がクラクションを鳴らしていたりするので、歩道から見ているとこの大き目なラウンドアバウトを走るのには勇気がいると思うかもしれません。ですが、実際に車の流れに乗ってラウンドアバウトへと進入してみるとなんて事はなかったりします。

ツアーの方もこの大きなラウンドアバウトを通ります。車内から凱旋門を見上げつつシャンゼリゼ通りを進んで行きますが、あまりに大きな凱旋門はカメラには収まらない事があるため、シャンゼリゼ通りに入ってから振り向きざまに撮るのがお勧めです。そして余裕があるなら、ツアーが終わってから改めて写真を撮りに行くべきでしょう。なにしろ揺れが大きいツアーですから(笑)。

その後はセーヌ川沿い、エッフェル塔の脇を通り、最後にセーヌ川を渡ってツアーは終了。ここで料金を支払います。サービスや料金について色々と不安になる事も多いかと思いますが、決められたコースを概ねその時間で巡り、表示どおりの料金だったのでトラブルも不安もありませんでした。もともとパリの市内観光ですから運転もとてもやさししく、交通上危険と不安に感じる事もなく、後部座席ながらアペを存分に楽しむ事が出来ました。もちろんパリ観光の方も!

シャイヨー宮
スタートして、まず最初に立ち寄るのがシャイヨー宮という所です。ここではエッフェル塔を、また違った視点で見る事が出来て良かったです
凱旋門
凱旋門は近過ぎて写真に写せず。四方からクルマやバイクがこのラウンドアバウトに集まって来るので、ここを走るのはちょっとしたアトラクション
シャンゼリゼ通り
シャンゼリゼ通りの石畳の凹凸は思ったより大きく、アペは良く跳ね、それもまた楽しかったりします。ちなみに運転席の目線はこんな感じ
プティ・パレ美術館
プティ・パレと言うパリ市内にある美術館。ツアーで周ると、後で改めて行ってみて中も覗いてみようかなという興味がわいてきたりします
レリーフ地図の博物館
Musee Des Plans-Reliefs(レリーフ地図の博物館)の建物前にて。館内に展示されている精巧な立体地図も是非見ていただきたいポイントです
凱旋門
間違いなくパリのランドマークの一つと言える凱旋門です。ここもコースに加わえられているので、周りをカレッシーノでグルリと回ってもらえます

昼でも夜でも一度は体験したいツアーApe

ライトアップされた凱旋門
昼間とは違ってライトアップされた凱旋門が幻想的過ぎる!

天気の良い日にパリの街並をアペで観光ツアー。それも開放感たっぷりの後部座席からゆっくり流れ行く景色を堪能しつつ。もう格別の思いです。それに気になるスポットがあればドライバーが答えてくれ、ちょっとハンドルを揺さぶって楽しませてくれるサービスも。それに、最後に一声掛ければ運転席に乗って記念撮影をしてもらう事だって出来ます。

今回は日中に体験しましたが、街がライトアップされた夜にこのツアーに参加するのもロマンチックでしょう。暗くてアペを見つける事が出来ないのでは? と思うところもありますが、夜になればネオン管で車体を照らし出す演出がなされているため簡単に見つけられます(笑)。

一人だとなかなかこうしたツアーに参加するのも勇気がいると思いますが、アペに少しでも興味があるならスタートしてしまえば面白くて顔がにやけてしまうのは間違いないでしょう(笑)。乗車店員は3名なのでカップルはもちろん、グループでも楽しめると思います。 パリで現行のフィアット500を一日借りると40ユーロ前後(約4500円)、そう考えると30分45ユーロ(約5100円)というのは割高だと感じるかも知れません。しかし日本ではまずお目にかかれないアペ・カレッシーノを見る事が出来、なおかつ後部座席ではあってもアペでパリ市内を観光出来るなんてまたとないチャンスだと思います。

外国人が日本を訪れ、バスでもタクシーでもなく人力車に乗って日本の街を見たいという気持ち、それってきっと同じ事だと思います。それに事前のアポを取っておけば好みに合わせたプランや、ウエディングや広告にも対応してくれるらしいので、利用価値の大きいサービス&アペの観光ツアーだと思います

今回利用した観光ツアー代理店
HANIF TUKTUK PARIS
主にセーヌ川エッフェル塔前イエナ橋付近で見つけられます
ツアー定員最大3名/1台

人力で移動する観光ガイド
パリ市内には自転車に座席付きキャビンが取り付けられた、人力で移動する観光ガイドも見つける事が出来ます。こういうのも面白そうですね
シトロエン 2CV
もはやクラシックカーの域にあってパリならではと言えそうな、シトロエン・2CVに乗って楽しむ旅行代理店もありました。乗り物好きにはたまらない!?
リキシャ(左)と電動オートリキシャ(右)
こんな車両だって観光ツアーで活躍しているので試しに乗ってみてはいかが? インドで言うところのリキシャ(左)と電動オートリキシャ(右)です
アペ運転席 記念撮影
ツアーの終了後に声を掛けてみたところ、運転席に座らせてもらっての記念撮影も快よく応じてくれました。記念にもなるし、ちょっと感激です
ライトアップされたエッフェル塔
夜になるとライトアップされ、昼間とはまた違った雰囲気を醸し出してロマンチックな印象に変わるエッフェル塔。夜でも周辺には人がいます
エッフェル塔前で待機する観光ツアー用アペ
日が沈んでからもエッフェル塔前で待機する観光ツアー用アペ。ネオンライトの装飾が施されているので、夜でも見つけやすかったりします

今回はここまで!

今回ツアーを体験した土田さんご夫妻
今回ツアーを体験した土田さんご夫妻
エッフェル塔の前で記念撮影

今回のパリの街のアペツアーはいかがでしたか? アペが実はベスパの派生モデルであり、操作方法がベスパと同じっていうところに興味を持ってもらえた方も多いのではないでしょうか? 日本国内に正規輸入されていた50ccカーゴモデルなら、もしかしたら中古で見つけられるかも知れません。

さて「ワールドワイドにベスパでRUN」、土田さんが今度はいったいどこへ出かけるのか楽しみですね。次回のレポートもお楽しみに!

人気コンテンツ