フレームなど金属系を塗装します!

この記事をシェアする!
モンキー

  作業開始から3日目。DAX編のVol.5でもお世話になっているウエットブラスト・サンドブラストの内海工業さんにサンドブラストを行いに来ました。

スクレパーでコーションラベルなどを剥がす
サンドブラスト

  サンドブラストを行う前にはスクレパーでコーションラベルなどを剥がしておく必要があります。サンドブラストとは高圧空気と一緒に研掃材と呼ばれるメディアを吹き付けて、鋼板等の塗装の旧塗装やサビなどを剥がしたりする塗装前の下処理作業のことです。

トップブリッジ
フロントフェンダーに半分だけサンドブラスト加工

  半分だけサンドブラストを当ててみたのがコチラ。メディアが当たることで塗装も錆びも削り取られてなくなります。サンドブラストを当てることで塗装前の下地ができるというワケです。

モンキーのフレーム
フレーム(サンドブレスト後)

  サビサビのフレームもご覧のとおりです! 但し、細かい部分があるとそれなりに時間はかかります。先に剥離剤で塗装を落としておけば作業効率は上がります。。

首の入り組んだ部分
フレーム首(サンドブラスト後)

  入り組んだ部分は手や機械ではとても落としきれませんが、サンドラブラストなら楽勝です!

フレームの裏側
フレームの裏(サンドブラスト後)

  裏側までサビがあるような状態では、普通はどうにもなりませんが、サンドブラストであれば大丈夫!

ほとんどの部品をサンドブラストで下地処理しておきました

  5Lモンキーは一部にはアルミ素材が使われていますが、ほとんどのパーツがほぼスチール製。なのでほとんどの部品をサンドブラストで下地処理しておきました。

内海工業サンドブラスト参考料金

ガソリンタンク
50cc以上:4,000円〜
400cc以上:6,000円〜
フレーム
50cc以上:10,000円〜
400cc以上:16,000円〜

NEW

シート張り替えます!

PICK  UP

TW編 DAX編 ftr250編 zippy編 MAX×APEプロジェクト プロトモスピーダプロジェクト
フリーワード検索

車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

バイクメーカーで探す
バイクのカテゴリーで探す

観覧履歴