BBB MAGAZINE

  • レストア野郎 TZR250編

    2019.03.29 / Vol.14

    タイヤ組み込みです!

CREDIT

TZR250 タイヤ組み込みです!
パウダーコートが塗り上がったTZR250前後ホイール

二十世紀屋さんでパウダーコートが塗り上がった前後ホイール。タイヤはもちろん新品にしますが、塗る前に外したホイールベアリングも新品を組みます。チェーンとスプロケットも新品交換しますよ。

今までの30年間オイルが浸み込み続けてきたかのような状態だったホイールが、シミのない真っ白になりました!

TZR250新品タイヤ履き替え前のナンディさん

美白ホイールには新品タイヤを奢ります!今までのダンロップα10から、最新のα14に履き替えます。作業は取り外したときと同じく太洋モータースです。

厚くて強いパウダーコートだからと言っても、タイヤレバーとかでコジれば塗膜は欠けてしまったりもします。あくまで塗装ですからね。なのでタイヤ組み込み時は丁寧に。太洋モータース稲村さんにタイヤを組んで頂いている間に、ナンディさんはディスクローターを清掃します。

TZR250 ブレーキローターの鉄粉を除去します!

クリーナーに使うのは鉄粉除去剤の『ワコーズRRラストリムーバー』。使い方は水洗いした後に表面が乾かないうちにスプレーするだけ。しばらく待つと赤紫色に変わっていきます。これが洗剤によって浮き出てきた鉄分の汚れなのだそう。

ブラシで擦ることで洗剤をより広範囲に塗布させつつ、汚れを擦り落とします。水で濯げば綺麗さっぱり!ブレーキダストや鉄粉が除去できました。

綺麗さっぱりになったブレーキローター

4リットルで2万円くらいするのですが、頑固に突き刺さった塗装面の鉄粉を取り除くには最高のパフォーマンスを発揮する。四輪のホイール清掃するのにも人気の製品です。

チェーンオイルを受け止めるスプロケットガード内側は大変汚れます。スプロケット交換している間にここもワコーズRRラストリムーバーを吹いておくことにしました。

走行距離2万キロのドライブスプロケット

ドライブスプロケットは鉄で作られているためそれほど減ることはない。でも確認してみたら走行距離2万キロそこそこなので変え時ではあったのですが、結構な勢いで減ってました。

サンスター製のスプロケット

前後共にサンスター製のスプロケットに変更します。フロントは14Tで3000円。ヤマハだとR25とかWR450Fも同じのを使ってますね。

ロックナットワッシャーも新品へ変更

ロックナットワッシャーも新品に変えます。なおワッシャーの爪を折るのはチェーンを張ってからの方がベストですので、今は後回しにします。

TZR250 新品ホイールベアリングに!
ホイールにタイヤとブレーキローターを組み込んだ後に新しいベアリングを打ち込んでいる様子

ホイールにタイヤとブレーキローターを組んで、新しいベアリングも打ち込みます。先にブレーキローターを組んでおけば叩き込む時に間違ってホイールを打撃してしまわないようにの防護のため。

ちなみにローターボルトを取り外した時は毎回新品に変える。ネジロックを塗布するのもお忘れなく。スプロケットのナットも新品に。ロックワッシャーを曲げる時には叩かずに挟み系工具で曲げること。

ハンマーとマイナスドライバーなどを使ってロックワッシャーを無理やり曲げた傷痕

ハンマーとマイナスドライバーなどを使ってロックワッシャーを叩いて曲げると傷が入ります。どんなに慎重にやっても傷が入って悲しい気持ちになるので、挟んで曲げること!

あとはチェーンを組んでドライブスプロケットのロックワッシャーを折り曲げれば完了。ちなみにドリブンスプロケットは45Tで、チェーンはRKのGP520R-XWでシルバーをチョイスしました。

実走行でタイヤチェック!
新品のTZR250足周りで宮が瀬ダムへ

新品の足周りに変わったところで宮が瀬ダムへ行ってみました。やっぱり新品タイヤは安心だし、新品チェーン&スプロケはカッチリしていて良きですね~。TZR250のコーナーリングを堪能出来ました!

ばくおん‼仕様のゴールドウイングF6B

そして宮が瀬の帰りに『デロ部長P@ばくおん!!痛バイク』の「ばくおん‼」仕様のゴールドウイングF6Bと奇跡のコラボも達成!

TZR250 足周りセッティングしちゃいます!?の巻

現在サイト掲載中のTZR250の車両

人気コンテンツ