BBB MAGAZINE

  • 全国「旅ごはん!」バイク紀行

    2011.03.25 / Vol.15

    よしむらのホルモンうどん(岡山県津山市)

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    リトルカブ

日本海
日本海に出ると大きな空と海が広がった。開放的な風景と潮風が心地いい。

今回のターゲットは中国地方。関東地方に住んでいる人達にとっては馴染みの薄いエリアだが、ライダー的には鳥取砂丘、秋吉台、萩、宮島、出雲大社など…見所満載。食べ物も下関のふぐ、広島のお好み焼き、鳥取の梨などバラエティに富んでいる。きっとこの旅でも、地元ならではのおいしい出会いがあるはず。いや、犬並の嗅覚を持っている僕なら絶対にうまい食に辿り着ける。意気込んで西へ向かって走り出した。

宮島
少し離れているが広島県の宮島も中国地方では外せない観光スポットのひとつ。

「うそだろ〜っ」3月も中旬になるというのに、この寒さは何だぁ。大阪市内は昼間でも気温は一桁。真冬並の気温じゃないか。さらに進み兵庫県の山間部に入って行くと、路肩や斜面のあちこちに雪が残っていて、道路脇に立つ気温計は3度を示していた。念のためにスノータイヤのままにしておいて良かったと心から思う。京都の丹後半島に出て、爽やかな日本海の空気を吸い込むと再び内陸へ向かった。いくつか山を越えて岡山県に入ると久しぶりに山間に広がる大きな町が現れる。古くは津山藩の城下町として栄えた津山市だ。

倉敷
岡山県といえばぜひ倉敷へも訪れたい。特に美観地区は美しい町並みが残っている。

そこで津山にB級グルメで人気になった「ホルモンうどん」を思い出す。僕も数年前に道の駅で食べたことがあり、とてもおいしかった記憶がある。よし、ならば今回はもっと本格的なホルモンうどんを食べようじゃないか。

田舎の風景
中国地方の内陸部は穏やかな田舎の風景が続く、空気もどこかのんびりしている。

まずは道の駅で「津山ホルモンうどん地図」を入手。ホルモンうどんが食べられる33店舗が地図入り紹介されている無料マップで、グルメ観光客の強い味方なのだ。地図を見ながらひとり作戦会議。焼きうどんに近い感じなで、お好み焼き屋がいいんじゃないか?うん、絶対にそうだ、勝手な想像を巡らせる。いくつかのお好み焼き屋の中から、町の中心からちょっと離れた国道53号の近くにある「よしむら」を選んだ。その理由は、店舗写真の庶民的な雰囲気に、胃袋がピーンと反応したのだ。

よしむら
よしむらの外観。紫色ののれんとタヌキの置物が目印。駐車場も完備しています。

「よしむら」は予想通り、下町のお好み焼き屋さんという雰囲気だった。僕のイメージにピッタリのお店。のれんをくぐり、引き戸をガラガラ…と開けると「いらっしゃいませ〜!」威勢いい声が飛んできた。店の人が元気だとそれだけで笑顔になる。店の奥に大きな鉄板があり、コテを小気味よく動かしている男性がいる。どうやらこの人が店主らしい。「バイクですか?寒かったでしょう?」小さな心遣いが嬉しい。「ホルモンうどん、お願いします!」

津山の名物ホルモンうどんのベストガイド
津山の名物ホルモンうどんのベストガイド。これを片手に食べ歩きをしよう。

ところでホルモンって牛のどこの部分ことか知っていますか?手にした「津山ホルモンうどん地図」によると●ハツ(心臓)●ミノ(第1胃)●ハチノス(第2胃)●センマイ(第3胃)●アカセンマイ(第4胃)●ヒモまたはテッチャン(小腸)●シマチョウ(大腸)●レバー(肝臓)●カシラ(ほほ肉)などらしいです。今回初めて知りました(笑)。また、地図で紹介されている店は津山ホルモンうどん研究会協力店で、ホルモンが1人前80g以上入っていること、基本的に味噌か醤油系のタレで味付けしていること、大型鉄板で調理して焼きうどんとして提供すること等、認定基準をパスしたお店らしい。これはかなり期待できそうだ。

ホルモンうどん
見るからにおいしそう。ホルモンだけでなく野菜がたっぷり入っているのも嬉しい。
味噌タレ
味付けはよしむら特製の味噌タレ。これがホルモンと野菜、うどんと良く合う。

待っている間に小さなストーブで冷え切った体を温める。ようやく手が温まってきたところで、待望のホルモンうどんが運ばれてきた。「おおおっ、うまそう!」キャベツ、白菜、長ネギ、玉ねぎ、人参など一口サイズに刻んだ野菜がたくさん入っている。そこにいろんな種類のホルモンとうどんがいい感じで絡まっている。見ているだけで期待感が膨らむ。

日本中央標準時子午線
国道372号沿いに見つけた「日本中央標準時子午線」を表示した巨大塔。

「いただきます!」ズルッと口に入れると、さっぱりとした自家製の味噌タレの付いた柔らかいホルモンと、コシあるうどんが口の中でダンシング。「うまーーい!」舌にからみつく味噌の風味が何とも心地いい。さらにいろんな食感の野菜が後を追いかけてくる。「ホルモンうどん最高!」 ホルモン特有の臭みも少なく、自分の顔と同じように濃い目が好みの僕にピッタリの味付け。あまりのおいしさにズルズルガツガツ一気に食べきってしまった。食べ応え十分、想像以上においしいホルモンうどんだった。

リトルカブの旅
2年目になったリトルカブの旅。最近おいしい食を探し当てる嗅覚がさらに増した。

「よしむら」には他にも、お好み焼き、ネギ焼き、モダン焼き、ホルモンうどんを玉子で包んだ、ホルうどんオムレツなど、おいしそうなメニューのオンパレード。もう一度来られるなら、ぜひ他のメニューにも挑戦してみたい。「ありがとうございました!お気をつけて!」温かい言葉に見送られ、外へ出る。冷たい風が気持ちいい。体も心もポカポカ温まるランチとなった。

マンホール
鳥取県の道の駅大栄の近くで「名探偵コナン」を描いたマンホールを発見!

かんいち的採点表

あじ:

ボリューム:

値段:

ホルモンうどん 800円(税込)

~今回の旅ごはんinfo~

よしむら
住所:岡山県津山市高野本郷1431-3
TEL: 079-222-2505
定休日:木曜日の夜の部

よしむら

人気コンテンツ