BBB MAGAZINE

  • 藤原かんいち電動バイク世界一周

    2007.11.01 / Vol.08

    電動バイク世界一周の旅 総集編『 何でもデータランキング 』

CREDIT

    • 人型
    • メモ

    藤原かんいち

    • カメラ

    藤原かんいち

    • バイク

    パッソル

VOL.08 総集編『 何でもデータランキング 』[アメリカ大陸編]

藤原かんいちの冒険ツーリング

アメリカ大陸『 何でもデータランキング 』

ニューヨークに到着

今回は電動バイク世界一周の第1ステージである「アメリカ大陸横断の旅」の総集編の第二弾として、アメリカの旅の様々なデータを集めてみた。このデータから電動バイクの旅、そして藤原夫婦が見て触れて感じたアメリカがわかる!

Data.01
パッソルで通過した州とその印象は?

01カリフォルニア州 「大都市・国立公園・身近な存在・観光地・豊か」
02ネバダ州 「何もない・ほとんど砂漠・ラスベガス・カジノ」
03アリゾナ州 「サボテン・ルート66・乾燥・暑い・インディアン」
04ニューメキシコ州 「土壁・インディアンマンション・道が少ない・素朴」
05テキサス州 「カーボーイハット・ハエ・お金持ちが多い州・だだっ広い」
06オクラホマ州 「農業・大平原・田舎・アルマジロ・穀物倉庫」
07アーカンソー州 「湿気が多い・緑豊か・車が少ない」
08ミズーリ州 「湖が多い・道が狭い・スマート夫婦・急斜面」
09イリノイ州 「北海道・黒人・どこまでも広がるコーン畑」
10インディアナ州 「人口密度が高い・道が狭い・森と畑」
11ケンタッキー州 「ケンタッキーフライドチキン・ルイビル・工場が多い」
12オハイオ州 「自然の変化が少ない・広い・大きい家が多い」
13ペンシルベニア州 「ポークチョップがうまかった」
14ニューヨーク州 「ナイアガラの滝・自然が豊か・高層ビル・物価高・多人種」
自然が豊か
荷物満載状態のマジェスティ
ネバダ州からアリゾナ州へ突入
緩やかな丘

Data.02
たずねた巨木と 思い出の木たち

ニューヨークに到着

レッドウッド国立公園(カリフォルニア州)
高さ100m以上、地球上で最も背が高い木とされているレッドウッド。見上げていたらあまりに高すぎて首が痛くなった。倒れて大地に横たわる巨木も独特のオーラを放っていた。

ニューヨークに到着

ヨセミテ国立公園(カリフォルニア州)
マリポサグローブに立つセコイア群は圧巻の一言。とにかく巨大で、気軽に木とは呼べないくらいの迫力と存在感を持っていた。中でも「グリズリージャイアント」は特別な存在。

ニューヨークに到着

キングスキャニオン&セコイア国立公園(カリフォルニア州)
世界一の体積を持つ木といわれる「シャーマン将軍の木」は、まるで森の中に建つ木製の巨大ビルディングのようだった。時間も忘れてセコイアが生きる豊かな森を歩き回った。

ニューヨークに到着

インヨー国有林(カリフォルニア州)
標高3000mを越える高地で4000年以上も生きているブルッスルコーンパインに出会った。その木は自ら体の一部を枯らしながら最小限の栄養だけで生きる、不思議な木だった。

ニューヨークに到着

化石の森国立公園(アリゾナ州)
2億2500万年前に生きていた木が化石になり、荒涼とした大地にゴロゴロと転がっている。ひとつひとつの化石は宝石のようにキラキラ輝いている、それは想像を超えた壮大な風景だった。

ニューヨークに到着

トゥーレの木(メキシコ・オアハカ州)
世界最大級の太さを誇る巨木は、とても一本の木とは思えないほど豊かに葉が茂る、大きな木だった。そばにいるだけで心安らぐこの木は、遠い昔から現在まで、町の人々に愛され続けている。

ニューヨークに到着

「この木何の木気になる木...」(ハワイ州)
テレビコマーシャルで有名になった木は、目に鮮やかな緑の芝生が広がる公園に立っていた。傘のように枝を大きく広げた均整の取れた美しい木は、いつまで見ていても飽きることがなかった。

Data.03
旅行期間&日程

2004年3月24日(水)~ 8月29日(日)159日間

Data.04
走行距離

パッソル:8,108km(95.4m/1日)
(走行した日のみで計算)

Data.05
バッテリーの総交換回数

408回(1日平均 約5回)

Data.06
パンクの回数

パッソル:12回、マジェスティ:2回

Data.07
晴れの確率は?

晴れ:約70%、くもり:約17%、雨:約13%

Data.08
よく泊まったモーテルは?(チェーンモーテル)

1位「 MOTEL 6 」
特徴:全米展開しているチェーンモーテルの中では最も安いクラス。モーテルがいくつもある町では、ここの料金を基準にして泊まるモーテルを決めていた。設備は必要最低限だが全く問題ない。シャワーの水が痛いのと、部屋が狭いのが難点だが、よく泊まった。

2位「 SUPER 8 MOTEL 」
特徴:全米展開するチェーンモーテルの中でも特に数が多い。「なぜこんなところに?」と首を傾げたくなるような、おかしな場所に建っている、変わり者モーテルでもある。MOTEL6に比べると少し高級。特に安モーテルの少ない東部ではよく泊まった。

3位「 DAYS INN 」
特徴:ここも店舗数はかなり多い。ただチェーンモーテルは普通、部屋の設備やサービス等はある程度均一化が図られているのに、ここは店舗によって内容がバラバラ。運がいいと安い料金で綺麗な部屋に泊まれるが、その逆の可能性もある。ひと癖あるモーテル。

Data.09
よく食べた食事は?

1位:ハンバーガー
ファーストフードやレストランでよく食べた。僕はマスタード入り、ピクルス多目が好み。

ニューヨークに到着

2位:チャイニーズ
日本並みに一般食になっている中華。ドライブスルーの店まであるのだからビックリだ。

ニューヨークに到着

3位:サンドイッチ
自分たちで作ったり、スタンドで買って食べたり、軽目にしたい時はこれが多かった。

ニューヨークに到着

4位:タコス
本場メキシコで食べてから好きになった。ファーストフードより小さな店の方がおいしい。

ニューヨークに到着

5位:フライドチキン&ローストチキン
スーパーやスタンドで買って食べることが多かった。ローストチキン一羽500円は安い。

ニューヨークに到着

取材・文/藤原かんいち&ヒロコ (2004/09/08)

人気コンテンツ