HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

2010年代ホンダ(HONDA)のヒストリー

  • CBR系統やアフリカツインから目が離せない

    2010年代は250ccのレーサーレプリカブームとしてNinja250Rに対抗する為、CBR250Rがメジャーな一台として人気を呼んでいる。 ミドルクラスでは、2013年に「400X」「CBR400R」「CB400F」が登場し、好みに合わせたシリーズが最新のデザインをまとい、新たに追加された。 また、リッタークラスのバイクでは、本格オフロードの「CRF1000L Africa Twin」や、スーパースポーツの「CBR1000RR」など、新しいデザインでスタイリッシュになった本格モデルシリーズが販売された。 HONDAはさらにMotoGP参戦マシン「RC213V」を一般公道向けに開発し、「RC213V‐S」を発売した。2000万という価格とそのスペックの高さが、モータースポーツ業界に話題を呼んだ。

    << 2000年代ホンダ

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ